4-4-2で南野、中盤右でスタメン。

インターナショナルマッチ・ウイーク明け、モナコはホームでメスと対戦。この試合、モナコは4バック、前線は2トップでベン・イェデルとバログン。ま、バログンが加入していずれ2トップにするだろう(せざるをえないだろう)と思っていたんで想定内だが、も3-5-2にするとシャドーが1枚しかないのでね。で、この試合は(遂に…)4-4-2と。
中盤高めの位置は右が南野、左がゴロヴィン。まぁこうなるわなあ。
さて、中盤右の南野は機能できるか…と思いつつキックオフ。

キックオフから3分、南野がハイウェイラインを越えたあたりでフォファナへ戻したパスが短すぎて、これをかっさらわれ、センターサークル内から超ロングシュートを決められて失点。
南野、やらかしてしまった、、、パスがショートになった瞬間、オイって声が出てしまいましたがな。

昨シーズンも4-4-2の中盤で上手く行かなかった南野、やはり味方との距離が近くないと良さを発揮できないかなぁ。。。
ぶっちゃけ、4-4-2の中盤サイドならアクリウシュの方が、、、と思ったのはナイショだ。
モナコは前線に2トップがドンと居るし、中盤センターのフォファナやカマラが前へ出て来るんで、スペースも無い。
それでも前半終了間際、ゴロヴィンがペナリティエリア外から右足で巻いてゴール右上に突き刺さるゴラッソを沈めて同点に。シュートの前に右サイドへルックアップしたので、相手ディフェンダーはシュートを打つとは思わなかったな。

後半、モナコは中盤センターの1枚のカマラに替えてアクリウシュを投入。4-1-3-2のような攻撃シフトに。
アクリウシュが中盤低い位置から高い位置へ自在に動いて攻撃を活性化し、それに伴って(?)南野も今シーズンの好パフォーマンスを発揮するようになる。
何度かファーでヘッドでゴールを狙ったり、ゴール前にもいいタイミング入るようになり、左からのアウトのキックでのグラウンダーの速いクロスをトラップから反転して決めたか…と思ったが、ゴールキーパーが辛うじて脚でセーブ。惜しかったし、ゴールが欲しかった。
その後もペナリティエリア内の右を抉ってシュート(?)クロス(?)をファーで味方が一瞬合わず、アシストならず。。。
やはり味方との距離が近く、ペナルティエリア内での動きをさせれば南野の能力は生かせるんだな…と再確認。

試合の方は、ゴロヴィンが今度はフリーキックを直接沈めて逆転。そのまま2-1でタイムアップ、モナコは首位キープ。
南野は80分前に交替、交替で入ったのはベン・セギルで、この試合のヒーローとなったゴロヴィンにアクリウシュにベン・セギルとライバルが多い。よほど活躍しないと、ちょっと出場時間が減って行くかもな。特にアクリウシュとベン・セギルは生え抜きだしな。

▲ページのトップへ

CALENDAR

           1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30            

 2024年06月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  13. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ