両チーム選手が作った花道を通り抜け…岡崎慎司ラストマッチ。

シント・トロイデンVSルーヴェン、岡崎慎司のラストマッチ。
スターティングラインアップ、1トップに入った岡崎、2シャドーに伊藤涼太郎と山本理仁を従えて岡崎のラストプレー。
左からのセットプレーで競り勝ってヘッドで落としたシーン、ペナルティエリア右でフェイントでマーカーを交わして抉ったシーン(シュート!!と思ったがクロスを送って味方に届かず…)そして前線でのプレス、守備、チェイシング、、、精一杯のプレーを見せてくれたんではないか。残念ながらルーヴェンもがっちり5バックの守備ブロックでスペースを開けさせず、シュートは放てなかった。。。
そして後半5分過ぎ、交替でピッチから去る岡崎を両チームが花道を作って送り出した映像には目から汗が出てきた。

続き▽

マジに久保建英オリンピック出場を考えていたんかね…

ラ・リーガ、日本時間本日早朝に行われたレアル・ソシエダVSバレンシアは序盤に久保建英のアクロバチックなアシスト(クロスの折り返し)から決めたゴールで1-0でソシエダ勝利。順位を6位に上げ、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権獲得へ前進。(5位のアスレティック・ビルバオがコパ・デル・レイ優勝によりヨーロッパリーグ出場権獲得済みなので、6位でもOK…)
残り2試合、次節は1ポイント差で追いかけているベティスとのアウェイ戦。ここを乗り切れば6位確保に大手となる。

続き▽

DAZN放映権減額可能性と某スポーツ紙報道、即否定…

昨日、スポーツ報知が(あ、スポーツ報知って書いちゃったね)秋春制前の「0.5シーズン」「昇降格なし」ならDAZN放映権一部減額可能性も、、、という記事。
先日エントリーした2026年前半(2月~5月)の「0.5シーズン」に対してDAZNから減額の提案があったと。スリルと緊張感を伴う大会方式からの変更ということで、、、としている。5月14日の実行委員会での議論の中だという。(その議論の中では複数のクラブから反対意見もあったとか…)
なお、減額という表現を統一的に使えばイイものを「一部減額」という表現も使っていたり、そもそも一部減額って何だよ。。。

これに対してJリーグはその日のうちに否定リリース。
ただ、前回(昨年12月)のこちらの時のようには速攻ではなったけどね。。。

Jリーグ <プレスリリース>一部報道について
https://aboutj.jleague.jp/corporate/pressrelease/post.php?code=5e52bd38-4a73-441f-8c7c-1dba4d13419d

今回の否定リリースはあまりにアッサリしているんだが、「DAZN社から報道のような提案があったという事実は一切ございません」と明記はしているものの、(DAZNの減額云々はともかく)少々キナ臭い感じはある。
そもそもスポーツ報知の記事を見た私なんかのファーストインプレッションは、大会ごとに放映権料を決めてんですか(?)ってことなんだけど、年単位で決めてんじゃないのか。あるいは、その年の成果(?)でもって後で最終金額を確定させてるのか(?)もし後者なら、2026年については前半は「0.5シーズン」だし後半は秋春制のシーズンハーフ(シーズン途中)だし、成果(?)が十分に上がらない可能性があるよね(だから例年より放映権料が少し減るかもしれない)的な発言は(DAZNからということではなく)実行委員会出席者の誰かが口にしたかもしれない。

いずれにしてもスポーツ報知が全くの当てずっぽうでこの記事を作ったわけはなく(5月14日の実行委員会で、と明記してるのだから)出席者の中の誰かがスポーツ報知にリークしてるんだろう。どういう意図でリークしたのか聞いてみたいものだ。

ちなみに昨年12月の(企業名解禁)騒動に関連しては、今年2月に今度はスポーツニッポンの記事でこういう <続き> があった。

大きな拍手を受けた鎌田、来シーズンは???

先週末のセリエA、ラツィオはホームでエンポリと対戦。このところ相変わらず地元メディアで(およびOBからも)評価の高い鎌田は、現地映像でも何度も抜かれるアリサマ(笑)
この試合もスターティングラインアップに名を連ねた鎌田はこのところのデフォ、ゲンドゥージと中盤センターを形成。
鎌田がボールを持てば違いを出せるのは明白。前半では2度、スルスルっと前へ出て行ってイマジネーションを感じさせる大きなチャンスシーンを創出。
後半は(前半以上に)特に守備面で相手を潰しまくり、目立ったシーン多発。

続き▽

(明日まで)あの名場面をもう一度。全31試合フルマッチライブ配信!

私もすっかり忘れておったのだが、昨日(13日)9:00から「あの名場面をもう一度。全31試合フルマッチライブ配信!」なるタイトルでJリーグ公式(YouTube)チャンネルで配信中。
5月15日の「Jリーグの日」特別企画…なんだそうだ。
私が思い出したのは、(日本時間)昨夕キックオフだったU-17女子アジアカップ(グループステージ最終戦)を見終えてから(苦笑)
どの試合を配信してるかはURLを下に貼りますが、これってただただ順次流して行くだけなんだよね。試合間のインターバルもなく(JリーグカレーのCMは入るようになった…笑)アーカイブ配信も無し。そしてどの試合は何時から配信スタート(キックオフ)するかも不明。ただダダ流しするだけ。なので、見たい試合が配信されてる時に視聴できなければ見られません(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=tZsqDcFw6wM
続き▽

▲ページのトップへ

CALENDAR

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

 2024年05月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  5. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  6. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  13. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ