さてブライトンの12月の鬼日程はいかほどか、と…

昨夜のオリンピック女子アジア2次予選のウズベキスタン戦は、早々に2ゴール先取して、その後75分間ボール回しに終始。さすがに私も前半で視聴を終わらせていただきました。
なんでこういうことになったかというと、3グループで2次予選をやっており、各グループ1位に、各グループ2位の最上位国の4ヶ国がオリンピック出場枠「2」を争うことになっており、ウズベキスタンが2位抜けしてくれた方が日本にはベターだから。
より具体的に言うと、オリンピック出場権のかかる一戦をオーストラリアと対戦しなくて良いから…ってことっすね。
そういうレギュレーションを設計したAFC(アジア・フットボール連盟)の思考力の低さがこういうことを招くわけだが、そういうシチュエーションでのそういう戦いぶりについて、日本はまだ(きっと将来も)理解能力が乏しいだろうな。

続き▽

DAZNには2023-24シーズンもイングランド2部の配信を期待。

昨日は西日本が大雨で、Jリーグ開催どうするんだろうと思ってたが普通に開催しておりましたな。確かに試合時刻には雨も小康状態になることを見越してのことだろうと思うが(もちろんフットボールは雨天でも試合実施する競技だが)だけどね、例えば広島ビッグアーチなんて、スタジアムに向かう石段の上から滝のようになっておりましたがな。そんなんで(災害に遭いそうな状況で)観戦者にスタジアムに来させるって、どうかしてないか。。。

続き▽

マンチェスター・シティ、悲願のチャンピオンズリーグ優勝は緊張感充満の90分間。

マンチェスター・シティVSインテルのチャンピオンズリーグ、ファイナル。
誰もが予想したとおりインテルはガッチリと守備を固め、シティがボール保持してなんとかインテルの守備を攻略しようとするが、インテルの守備はオールコートでマンマーク的、シティのパスコースを消すとともに、ボールが入った選手には強度ありで猛烈に寄せて前を向かせず、、、
多分、グアルディオラ監督はインテルのこの守備の固さを想定して、ハーランドの下のエリアにデ・ブライネは中央ではなく開き気味で、ギュンドアンと、そしてストーンズと(ストーンズは偽センターバック/偽サイドバック仕様ではなく最初からソコに居て)そのエリアを制圧する…そして両ウイングのベルナルド・シルバとグリーリッシュも意識してワイドに構える…そういう6枚でインテルの3バック(ないしは5バック)を攻略するスキームだったのかなと推察。

続き▽

シュツットガルト、序盤にゴラッソを叩き込まれたが逆転で残留。

ブンデスリーガ昇格/降格プレーオフ、シュツットガルトVSハンブルガーは1stレグのシュツットガルトのホームでの一戦は3-0でシュツットガルト先勝。
https://kohs-football.com/6102/

だが今度はハンブガーのホームで戦う2ndレグ、序盤で失点すると危うい気配を漂わせての中3日で迎えた一戦だ。

続き▽

本間至恩、トップチーム出場2戦めで途中出場1分で初ゴール、続けてアシストで逆転勝利に貢献。

昨年夏にアルビレックス新潟からクラブ・ブリュージュへ移籍した本間至恩。
https://kohs-football.com/4440/

もっともセカンドチームでプレーしておったんだが、プレーオフ(残り2試合となった)前節アディショナルタイムにトップチームで初出場。昨日の最終節でユニオン・ユニオン・サンジロワーズ戦に0-1でビハインドの状況で87分過ぎにピッチへ。そしてその1分後に左クロスを味方がヘッドで落としたボールをディフェンダーの圧力を受けながらもネットに突き刺してヨーロッパ移籍初ゴールを記録。
続いてその2分後、相手コーナーキックのこぼれからのカウンター、、、味方が左の本間で付けてくれたボールをハーフウェイライン越えた辺りからドリブリング、右アウトでイイ回転のラストパスを送り逆転ゴールに。

続き▽

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ