悪くても3-0にする試合…ショッパイ1-0の90分間。

昨夜のワールドカップ・アジア2次予選、ホームでの北朝鮮戦。日テレのスバイダーカメラ配信は良かった。YouTubeで現在も視聴でいるようなんで、どうぞ。
単純に上(空中)からの(昔のテクニカル映像のような)映像かと思っていたら(もちろん昔のテクニカル映像よりカメラがピッチにずっと近くてズームとかもあると思っていたが…)カメラ回転させたり角度を変えたりパンしたり、さらにスタンド上部からの映像もスイッチングで織り交ぜたり、結構でしたな。
地上波TVで放送している中継映像よりこっちの方が楽しめるんじゃないか。

スバイダーカメラ配信はこちら。
(ライブでの同接数は1万900台でしたね…このエントリーをしている時点では43万台となっています)

さて、試合の方だが冨安も伊東純也も三笘も居ない中、センターバックは板倉と町田、右サイドバックが菅原、左サイドバックが伊藤洋輝。中盤センターは(直前に120分プレーして帰国した遠藤航はベンチに)中盤センターは守田と田中碧。右は堂安で中央は南野、左は前田大然。1トップが上田絢世。
立ち上がり早々崩して田中碧の(またもや)謎の得点力が炸裂して(シュートテクニックは見事だった…)先制。
まるで前回ワールドカップ予選の土俵際だったオーストラリア戦(田中碧を初起用で先制ゴールを決めた試合)を思い出させた。
その後も力量の差は明白で、なのにフィニッシュを何度も決め損ない。普通に幾つか決めてれば前半で3-0になってた試合。
こうなるとヤレルゾ感を相手に与えてしまうわけで、後半には入ると前へ出て来られ、押し込まれる時間が続く。バイタルからヤバいシュートを打たれ、ゴールキーパーの鈴木彩艶が弾いてポストに救われたシーンもあった。
そうなるとなかなかテンポを変えられないのが日本(および日本人)で、そこで当然の如く(ごく当たり前のように)早めに(58分)遠藤航を守田に替えて投入するが、確かに守田もガス欠感があったが、遠藤を投入すれば落ち着くと考えるのが単純すぎなんじゃないかと思うが、遠藤1人ですぐにどうこうできる話じゃなく、74分になって谷口を投入して3センターバックにして、ようやく落ち着いて押し返したってところではないか。
対応の順番が逆だろう、、、という指摘ももっともだが、かといって早い時間に3センターバックにすることを考えるのもわかる。3センターバック(3バック)にすると前の方が1枚減るわけで、今度は攻撃が構築できるのかという点が出て来るし。そこにデザイン性は無いわけだから。だから74分に浅野拓磨を入れて(橋岡も痛んだ菅原に替えて投入)浅野と前田(前田はフルタイムのプレー)のガンガンスピードですか、と。

ま、寒い試合。ワールドカップ予選なんで勝点3ポイント獲得でOKって言えばそうなんだが、こんなパフォーマンスでは先行きは難しいな。
もちろん相手のラフプレーも多く、レフェリーによってはレッドカードの1枚や2枚出されても全然不思議でない展開だったしな。
堂安は身体も張ってプレー強度も高く良かったが、フィニッシュの決め損ないはなぁ。。。
菅原については、右サイドでボールを持って相手が中を塞いでいる状況で、縦もポケットも空いているのに上田絢世が近寄ってきたから安直に右アウトで付けてカットされてしまったシーンは萎えた。
浅野は試合終盤、スピードに乗った状態から右アウトでスルーパスを出したシーンは、オッ(浅野がアウトでスルーパスを出した…)と思わせたが、残念、アウトのアシストがこなれてない感アリアリではあった。(実際、パスの角度と強さがレベルに到達してなかった…)
いずれにしても、相変わらず選手個々のアドリブ任せだもんな。

…というわけで、実に物足らない内容。昔のように特定のゲームメイカー(日本人が好きな表現としてはファンタジスタっていうのか??)に想像性やクリエイティビティを発揮してもらうという時代でも選手の顔ぶれでも現代フットボールでもないわけだが、この日本チームはプレー強度やフィジカルコンタクトを強調するあまり、そういうイマジネーションとかの部分が明らかに足りない描けない、描けるシステムも戦術も無いない、ということな。特定の選手の単騎突破頼みと。(戦術伊東純也…戦術三笘…などという表現は誤りでもない…)

で、試合後に明らかになったが26日のアウェイ戦が開催不能になったとか。JFA会長の話によると、この試合のハーフタイムにそういう話を聞いたと。日本で2ndレグをやれないかと言われた、とかも。そりゃスタジアムは空いてるだろうが、空いてりゃ何でもすぐ使えるだろうっていう前近代的な社会システムでも国家のわけがない。
で、今から中立国で開催を設定するのか??? ホスト国の責務なんであって、普通に試合放棄(不戦敗)扱いじゃないのか。

※追記。AFC(アジア・フットボール連盟)が本日(日本時間)午後、中立国で26日に開催することを発表。ただし、その中立国は未定と。

そして今夜のU-23のテストマッチも日本テレビがライブ放送(TVerでもライブ配信)だが、YouTubeで「裏配信」もある模様。またこっちの方が面白そうだ(笑)

※さらに追記。26日の試合だが、本日(日本時間)夕方になってAFCが開催されないことを発表した模様。(だったら、何時間か前の中立地開催っていうのは何だったんだと…)
そして今回の日本チームも本日をもって解散となり、選手たちはそれぞれの所属クラブへ戻るという。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  10. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  11. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ