ヨーロッパリーグ…ラウンド16、スポルティングVSアタランタの1stレグ。

守田が所属するスポルティングとアタランタの対戦。このカードはグループステージでも対戦しており、スポルティングはホームでは1-2、アウェイでは1-1という結果だった。(そしてグループ1位はアタランタ、2位がスポルティング…)
最近イングランドからの関心も伝えられている守田はいつものとおり中盤センター(2枚の一角)で、両チームとも3-4-3のフォーメーションに見えるが、システムは相当に異なる感じの展開。
アタランタはイタリアのクラブらしく組織性がより高く、中盤の攻防では(複数人でプレスをかけたりスペースの埋め方など)洗練性ということではアタランタの方が現代的というか。。。
それでもスポルティングは、自軍からのカウンターで3本のパスで左サイドを抜け出たパウリーニョがスルーパスをワントラップから(素晴らしい!!と思わず声が出る)ファインゴールを突き刺して先制。

このようにスポルティングは、前線3枚に単独突破を仕掛けさせるような攻撃の組み立て。それに対してアタランタは緻密性があるが、だからと言ってそっちが上だとかレベルが高いという話ではない。チームのフィロソフィーの話だ。
アタランタは15分あたりからだろうか、スポルティングのビルドアップのやり方、ボールの付け方を読んで、そこにプレスをかけるようになる。守田も狙われるようになったり。
Jリーグのクラブでもあるような感じでゴールキーパーへのバックパスも狙われるようになり、プレスをかけられて慌てて処理したところを拾われて前半のうちに同点ゴールを与えてしまう
後半はスコアが動かず、結局このまま1-1でタイムアップ。
守田は84分までプレーして、悪いパフォーマンスではなかったが決定的な仕事も見せられなかったか。キックオフ前にも試合中もしばしば現地映像で抜かれており、英語実況でも名前を呼ばれることも多く、我々の知らない所でヨーロッパでは結構注目されている状況なんだろうな。

2ndレグはアタランタのホームでの戦いになるが、この1stレグの内容だとアタランタに分がある印象。
さて、その予想を覆して勝ち上がって欲しいところだが。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  10. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  11. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ