「そこに出て来た冨安!」でアーセナル、劇的な8年ぶりシティ戦勝利。

昨夜はアーセナルVSマンチェスター・シティ。冨安はカップ戦でセンターバックでフル出場して高評価…からの、右サイドバックでスタメンだったチャンピオンズリーグでのプレーが厳しい評価で、この大一番もベンチ。
スコアレスで進んだ試合の終盤、75分に左サイドバックのジンチェンコに替わって(ハヴァーツ、トーマスとともに3枚替えで)ピッチへ入った冨安は、素晴らしいタイミングを見計らっての中のレーンを最前線に攻め上がってポストプレー、それをハヴァーツからのマルティネッリのショットがシティのゴールに突き刺さり、アーセナルが均衡を破る。

「そこに出て来た冨安!」っていうのは、SPOTV NOWのライブ配信での下田恒幸アナウンサーの実況だ。

試合はそのままタイムアップして劇的勝利。アーセナルがシティに勝ったのは8年ぶりだそうだ。
冨安は、マルティネッリのシュートに素早くコースを空けたのもナイス。
いや~冨安は攻撃面でイマイチという現地メディアの評価が続いているわけだが、どうだ!!って言いたいぞ(笑)
昨シーズン終盤の優勝争い大一番のシティ戦では、冨安のバックパスから失点してしまい(まぁあえて言ってしまえば)戦犯扱いされた冨安が、その借りを返したってことでも嬉しいね。
冨安はアルテタ監督から、前へ行くように指示されていたようだ。見事にシティのディフェンス網を動かして素晴らしい大仕事。アルテタ監督の指示も流石だな。

昨日は昼間は天皇杯セミファイナルの2試合をNHK地上波(総合)で視聴させていただが、いや~このスピード感、パワフルさ、ピッチ上で見せる技術の高さ、インテンシティの高さ、素晴らしいファイティングスピリットと高い集中度、そして高度な戦術性、、相当に差がありますわ。
天皇杯セミファイナルの前に見逃し視聴していたリーグアンのスタッド・ランスVSモナコと比べても、正直見劣りした。
プレーそのものの部分でもスタジアムの熱気といった部分での大きな大きな差があることもわかるが、中継映像の問題も大きいと思うぞ。
日本の中継スタッフは、研究も真剣味も熱心さも熱意も全然足らないよ。天皇杯セミファイナルの2試合めの方なんて、バックスタンド(と看板)をフレーム(画面)上の3分の1も(時にはそれ以上も)入れちゃって、何を写そうとしておるんじゃい。試合前にフレーム合わせをしてないんかい、、、とホンっと思いましたね。
選手たちもコーチングスタッフも、総体的にそりゃまだまだクラスもレベルもハイレベル・ハイクラスに及ばないわけだが、そこだけじゃないぞ。フットボールは折角もっともっと国際的な商材・コンテンツになりうるのに、、、実にもったいない。日本人が(日本が)そういうことを認識しないことが、もっともったいない。

▲ページのトップへ

CALENDAR

           1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30            

 2024年06月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  13. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ