久保建英、途中出場でダメ押しゴール、30分間のプレーでMOM。

日本時間本日未明に行われたオサスナVSレアル・ソシエダ。ソシエダは久保建英とオヤルサバルをベンチに置きターンオーバー、ダビド・シルバはスタメンでスタート。
オサスナはプレー強度があまり高くなく、ソシエダも比較的戦いやすい風に見て取れたが、9分あたりでダビド・シルバの巧みなスルーパスから左サイドを抉ってのクロスに中で合わせたボールがオウンゴールとなってソシエダ先制。
だがその後は追加点が奪えず、オヤルサバルを後半立ち上がりから投入、さらにオサスナにチャンスを立て続けに作られた状況で60分過ぎに久保建英とセルロートを投入。

残り時間が少なくなると、前節のベティス戦同様に久保を最前線に残す守備固め。そこから久保が単独で持ち込んで(最後のフィニッシュが弱かったが…)イイ場面を見せると、アディショナルタイムに入ったところ、セルロートのポストからペナルティエリア内でメリーノに前を向いた状態でボールが渡り、シュートをチラつかせながら右外の久保へ、、、久保は小さく速いタッチから左足でディフェンダーの股抜きショット、、、これがゴールキーパーの逆モーションとなってニアに突き刺さって追加点。

久保は途中出場で30分間のプレーにもかかわらず、この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。

なお、ダビド・シルバの毎試合での攻守にわたるハイパフォーマンスも特筆すべきものがあり、ちなみにダビド・シルバは1年契約なんだそうだ。
久保建英自身の来シーズンの去就もあるが、ダビド・シルバとのコンビをもっと見たいがシルバの来シーズンの去就もどうなることやら。
ま、全てはチャンピオンズリーグ出場権の行方が確定したところで変わってくるんだろうな。

▲ページのトップへ

CALENDAR

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

 2024年05月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  5. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  6. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  13. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ