なでしこ、女子ワールドカップを控えたヨーロッパ遠征。

4月7日深夜(日本時間では8日)に行われたポルトガルとのテストマッチは、先制されたものの前半のうちに追いつき、後半に逆転ゴールを奪って2-1の勝利。
ポルトガルは今回が女子ワールドカップ初出場ということで、序盤から出足よいパフォーマンスで、久しぶりに集まった日本チームがペースに乗れないこともあって、全体的にポルトガルのターンで進行。
そしてロングフィードから縦に速いパス交換から、アッサリ先制を許してしまう。

ま、大した攻撃とは思わないが、日本の軽量の中盤センター2枚とセンターバックのモッサリ感では、さもありなんという失点。

だが、前半のうちに、左サイドでテンポをアップさせてからの突破で田中美南が折り返し、中盤から長谷川が飛び込んできて合わせて同点に追いつく。
後半はポルトガルのペースが落ちて、日本は結構楽にプレー。
後方からの長谷川のフィードに、今度は田中美南が抜け出して逆転ゴール。
このまま2-1でタイムアップとなり、日本チームにとっては久しぶりのヨーロッパ相手の勝ち星で、よかったんじゃないか。

長谷川を中盤センターに置くのはマンチェスター・シティのパクリ。だが、その脇にディフェンス強度およびフィルター機能を有する選手を配さないことには、スカスカだろうって。
長谷川の効果的な攻撃力はこのチームの柱なんで、どうしても使わざるをえないんだけどな。
ま、攻撃面では藤野と浜野というU-20コンビをどう効果的に生かすか、、、ってところだな。技術的・テクニック的にはフル代表でも十分やれるので、まだ対戦国のスカウティングも十分でなかろうし、切り札カードとなるだろう。また、そういう風に使えないんじゃ、チームマネジメントが〇〇ってことになるんじゃないか。

そして最終ラインはこの日も3バックで、熊谷を休ませてトライしたんだが、う~ん、、、全然何も構築できてない。
ここに熊谷が入ってら多少マシにはなるんだろうが、3バックと軽量中盤センターでは、強豪相手には複数失点は避けられんだろうな。

ま、女子ワールドカップのグループリーグは既に決まっており、グループステージで敗退する可能性はほとんど無いと思われ、その点は楽というか助かるというか。

今回のヨーロッパ遠征はもう1試合、今夜デンマークと対戦する。
日本時間では日付が変わって深夜1:00AM(25:00)からNHK-BSでライブ放送。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ