海外での “三笘は決して期待を裏切らない” なんていうコメントを目にすると、嬉しいね。

既にいろいろ取り上げられているとおり、日本時間一昨日深夜(日付は昨日)に行われたブライトンVSリヴァプールは、ブライトンの快勝。圧勝と言ってもよいくらいの内容。
リヴァプールはサイクルが終わっている(サイクルって表現も国際的一般的フットボール表現だよね…)とはいえ、まるでリヴァプールの方がリーグ中位かと思えるような内容と試合展開。
三笘は相当に警戒されていて常にサイドバックとセンターバックの2枚に(時には中盤センターも加わって)警戒されっぷりで、それでも何度も見せ場を作るという。。。
海外の観戦者・視聴者、それもブライトンのサポーターでもない人からの標題のようなコメントをはじめとする数多の称賛を目にすると、いやはや、ホントに嬉しくなるっていうものだ。

ブライトンの先制ゴールのシーンは、あれは三笘にアシストつかないんかい、、、と文句も出るが、イングランドではディフェンダーに当たっているとアシストを付けないらしんで。
以前も三笘のアシストが付かなかった試合、あったよね。
ま、この試合での三笘は仕上げがちょっと雑(?)になったところもあって、スコアポイントは付けられなかったが、それでも驚異的という評価はうなぎ上り。
三笘が(リヴァプールの左サイドで)脅威を与えるんで、右のマーチがやりやすくなった(この日、2ゴール)っていうのは明白だろう。

そして、ブライトンの中盤センターのカイセドがまたイイね。昨年秋には日本代表がエクアドルとテストマッチを行ったしで、カイセドの認知はあると思うがワールドカップ後にますますハイパフォーマンスだ。
私が海外クラブから今すぐ誰か引き抜くとしたら、このカイセドだな。年齢も若いしな。
若さということなら、このところすっかり1トップの最優先カードとなっているファーガソンという選手もイイね。まだ18歳だとか。
まだ粗い部分とかもあるんだが技術的な部分もかなり持っているし、日本でも最前線にこういう選手を輩出しないとな。

というわけで、次戦も楽しみなブライトン。
リヴァプールのハイプレスにもまったく動じることなくワンタッチでボールを回してプレスを楽々回避するなど、Jリーグのクラブもこのレベルを見せて欲しいし、これに近いレベルを有するJリーグのクラブにおいてもピッチ上の全員ができてるっていうモノを(まだ不揃いの部分があるんだよな…)見せて欲しいものだ。

【ブライトン #22 三笘薫 ダイジェスト】プレミアリーグ 第20節 ブライトン vs リヴァプール
https://www.youtube.com/watch?v=kFbf8mYqgjQ

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ