ポーランドVSアルゼンチン、サウジアラビアVSメキシコ…時間経過とともにハラハラ展開の末。

4ヶ国ともグルーブステージ突破の可能性を持って迎えた最終節。より重きを置いて視聴していたのはサウジアラビアVSメキシコの方だが、今大会まだノーゴールのメキシコは勝つしか無くアグレッシブに攻める攻める。サウジアラビアも勇気ある粘り強い応戦。だがサウジの攻めはメキシコを崩すに至らない。
スコアレスで迎えた後半早々、メキシコが遂に先制。続いて30メートル近くのフリーキックを鮮やかに突き刺して、メキシコ追加点、2-0に。
この時点でポーランドVSアルゼンチンはアルゼンチンが1点リードではあったが、さらにアルゼンチンが1点追加して2-0に。
ポーランドとメキシコの勝点が並び、得失点差も総得点も当該対戦(スコアレスドロー)も並び、例のフェアプレーポイントの争いに。。。

フェアプレーポイントはポーランドが上回っており、残り20分以上、ポーランドは失点もしない、カードも貰わない戦いにチェンジ。
それでも1枚イエローが追加され(それでもまだセーフ…)アルゼンチンにゴールキーパーを破られるシュートを飛ばされたが、ゴールマウスに2人が戻ってクリア。。。
一方のメキシコは3点めを狙ってアグレッシブな攻撃を繰り返す。30メートル近くのフリーキックもさらに数発、壁を越えてゴールマウスを捉えるが決まらず。サウジのハイラインをスルーパスで何度も破ったが、わずかにオフサイド。
そしてアディショナルタイム、後半まったくと言ってよいほど攻撃できなかったもう敗退濃厚のサウジアラビアが人数をかけて攻撃に、、、メキシコも5枚が戻って最終ラインを敷いたが、サウジの1枚がボールサイド寄りの位置からメキシコの最終ラインの間を抜け、それがフェイクとなって右から斜め後ろに折り返し、左からディフェンスラインの間を抜け出してスルーパスを受けてフィニッシュ。
2失点したものの健闘してきたサウジアラビアが、最後に一矢報いるゴールを返して2-1。
両試合ともここでタイムアップ。
結局、アルゼンチンがグループ1位、メキシコを得失点差で「1」上回ったポーランドが2位、グルーブステージ突破を決めた。

メキシコはこのサウジアラビア戦はハイパフォーマンスだったが、8大会連続のグルーブステージ突破は成らず。
サウジアラビアは初戦でアルゼンチンを逆転で破ってセンセーショナルな結果を残したが、グループ最下位に終わった。

アルゼンチンを倒して世界に衝撃を与えたサウジアラビアも結局グルーブステージで敗退。さて同じくドイツを初戦で倒した日本はどうなる????

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  10. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  11. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  19. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  20. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ