ルヴァンカップは結局参加対象クラブに変化無し…とのことらしい。

日本時間昨夜行われたシュツットガルトVSフランクフルトは、鎌田が3ゴールに絡む活躍で3-1でフランクフルトの勝利。
フリーキックからゴールを生み出し、直接フリーキックで(相手の壁に当たってディフレクトして)ゴール、さらにコーナーキックをヘッドに合わせて3ゴール。
長谷部もミッドウイークのアウェイでのチャンピオンズリーグに続いてスタメン・フル出場。出場も遠藤航と伊藤洋輝がスタメン・フル出場と。
もっともシュツットガルトはまだ勝利がなく、7戦で5引き分け2敗の状況だ。
さて、先月下旬にエントリーしたんだが、来シーズンのルヴァンカップが大幅な仕様変更が検討されていていて、J2もJ3も完全参加になるかも…とのことだったんだが、結局参加対象クラブに変化無し…らしいな。
ま、ACLが9月開幕になるんで、ACL参加クラブもグループステージから参戦させられるらしいが。


というわけで、J1の18クラブ、J2へ降格した2クラブの20クラブで、4クラブでの5グループでのグループステージとするつもりらしい。
正しいリーグカップへ移行する良い機会だと思ったんだけどなぁ。。。
しかし5グループとなると、各グループ1位はグループステージ突破として、グループ2位クラブ間でまたややこしいレギュレーションになる。
普通に各グループ2位が突破にすればよいと思うんだが。それが最もクリアなんだが。
そのためには…それにプラスしてJ2へ降格したクラブも参加させたいのなら…「前年の」J1の18クラブ」と「前年の」J2の〇〇クラブ(例えば14位までのクラブ)での32クラブ参加の大会にしてはいかがですかね。現行の(そして今回がその形では最後となる)32ヶ国参加のワールドカップ本大会と同じ形。8つのグループでのグループステージ。
これが余程スッキリしないですかね。
J2のクラブにとっても、現在のように6位までがJ1昇格プレーオフの資格があるわけだが、その下の14位までが翌年のリーグカップ戦(ルヴァンカップ)出場権を得られるとしたら、さらにインセンティブが発生しないだろうか。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  10. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  11. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  19. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ