三笘、70分過ぎからのプレーで数度のキレキレのプレー…ポジション争いのトロサールはハットトリック。

三笘が所属するブライトンは日本時間昨夜、エスパニョールとプレシーズンマッチ。
1つ前のプレシーズンマッチでは三笘はスタメンだったが、この日はベンチ。左ウイングバックにはベルギー代表のトロサールがスタメン。
前半にコーナーキックからブライトンが先制して迎えた後半、トロサールの左からのクロスからのヘッドで追加点。トロサールのアシスト。
その後、トロサールがハットトリック。
右からのクロスをディフェンダーがヘッドでクリアしたボールが高く舞い上がって落ちて来たところ、見事な右足ボレー。
中央から斜めのボールを貰い、前のディフェンダー2人をまたぎフェイントで翻弄してクイックな右足フィニッシュ。
ペナルティエリア内、どフリーで中央からのボールを受けてワンタッチで右足フィニッシュ。
…という3ゴール。


トロサールは昨シーズンもイングランド・プレミアリーグで8ゴールを記録しているし、決定力があることはわかっていたこと。
ま、この試合の3ゴール・1アシストというほどにはボールが集まっているわけではなく、この試合ではイイ感じで左サイドでフリーでボールを受ける、ボールが来る、という状況があってのことと思うが、まぁそれでもポジション争いの相手がハットトリックってのもな…(笑)
三笘は70分過ぎにトロサールの位置に。
約20分間のプレーで3度の突破を見せて、そこは見所十分。
例のゴールラインに沿って切れ込んで行くドリブルも見せたし、ペナルティエリア内へ切れ込んで行って左足でのマイナスのクロス(味方が決め損ね…)もあった。
地元でもネット上でもこれは評判になる、毎度のことだが。
ま、当面はサブ起用なのは間違いないが、出場機会にこうしたパフォーマンスを見せてくれることを大いに期待したい。
ケガさせられないように、ね。
なお、ブライトンの開幕戦は8月7日、日本時間22:00、アウェイでのマンチェスター・ユナイテッド戦となっている。

▲ページのトップへ

CALENDAR

           1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30            

 2024年06月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  13. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ