堂安、今シーズン初公式戦のカップ戦で直接フリーキックを捻じ込んで決勝ゴール。

先週末はドイツのカップ戦(ポカール)1回戦が行われ、堂安の所属するフライブルクも、板倉の所属するボルシアMGも、そして吉田麻也の所属するシャルケも日本時間昨夜に試合を行い、どれもジックリ視るわけにはいかないんで(笑)…板倉は平常運行でパフォーマンスするだろうし、吉田麻也はキャプテンマークを巻いているし(移籍直後なのに第2副キャプテンを任命されたそうだ)ということで、堂安が直接フリーキックを決めたフライブルクの試合を。


フライブルクは4-2-3-1のフォーメーションで、堂安は2列め右。
対戦相手のカイザースラウテルンは、昔からよく名前を耳にする古豪。今シーズンは2部を戦っているが、2部は既に開幕して2節を消化しており、まだ公式戦をこなしていない1部のクラブにとってはやりにくいシチュエーション。
堂安はキックオフ早々、右から中へカットインするドリブルで倒されてイエローカード誘発。(後半にもデュエルの場面で一歩も引かず、再びイエロー誘発。)
ただフライブルク全体が、やはり新シーズン初めての公式戦のため動きが少なく、攻撃の形がつくれない。
そうこうしていると、ホームで戦うカイザースラウテルンがハーフウェイライン手前からのロングシュートを決めて先制を許す。
フライブルクは後半立ち上がりに少しメンバーも入れ替えて、堂安もより積極的に中に入って来て、アタッキングサードの仕掛けに関わるようになり、フライブルクの攻撃を牽引。フライブルクにゴールの雰囲気が出て来る、、、が、ようやく追いついたのは残り時間が10分を切ったところ。
試合は延長戦に入り、延長後半、堂安が倒されて得たゴール右からの直接フリーキックを堂安自身がキッカーを務め、見事に壁を越してゴール右隅(サイドネット?? 右ポスト内側??)に曲がり落ちる逆転ゴール。
試合はそのまま終了し、冷や冷やモノだったがフライブルクが1回戦を突破した。
あそこでフリーキックを蹴らせてもらえるのも、たいへん結構なことだし、大きな印象を残したと言えるだろう。
堂安は以前のような(失礼ながら、あえて言うならするなら、、、ちょっとフワフワした…という表現でもさせていただこうか??)感じが無くなり、しっかり着実にグレードアップして行ってるように思いますね。
PSVの方が有名、でも現代のプロサッカー選手の視点から見れば…っていう堂安のコメント、イイね。
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=4421

堂安、プレシーズンマッチでのデビュー戦で早速ファインゴル。
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=4424

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2023年12月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  3. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  6. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  9. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  10. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイで勝点。(2023.09.21)
  11. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  12. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  15. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ