E-1選手権…どういうスタメンか興味津々だったが、この相手では参考にもなるまい。

E-1選手権、香港との初戦。実況ブースの岡田武史氏が、香港チームも体格が大きくなった、、、みたいなことを言っていたが、近年ACLでも結構検討しており、以前の香港ではなくなっているのは確かにそう。今回参加しているメンバーも、ACLで近年お馴染みのクラブの合体…的な感じかと。
日本チームのスタメンは、予想どおり横浜F・マリノスをベースとしたスタメン。メンバー表の羅列を見た段階では4-2-3-1の形かと思われたが、試合が始まってみると両ウイングが高く張っていて3トップのような形で、中盤2センターにシャドーという、いつもの(最近の)日本チームの中盤3枚とはちょっと違う形。


ゴールキーパーは鈴木彩艶。右サイドバックが山根、センターバックが谷口と畠中、左サイドバックが杉岡。
中盤センターが岩田と藤田譲瑠チマで、シャドーが西村。
センターフォワードに町野、右ウイングが水沼、左ウイングが相馬。
ゴールキーパーの鈴木彩艶は、Jリーグ戦には出場が無いので(カップ戦では出場)なんで鈴木彩艶が選ばれてるんだ、、、という向きがあるようだが、私的には当然。
センターバックの畠中は、直近のJリーグでのパフォーマンスを見ると(この試合のスタメンが幾らマリノス・ベースとは言え)スタメンは無かろうと思っていたが、A代表のコーチングスタッフはJリーグをちゃんと視てるのか疑問(笑)
左サイドバックの杉岡にも言えることで、いつも3バックでプレーしている杉岡に4バックのサイドバックをやらせるのはどうかと。。。
前線はマリノス・ベースとは言え宮市じゃないんだ…とは思いましたね。結果、それは正解だったようだ。
特に前半、そして後半に選手を次々に交替させるまでは、横浜F・マリノスと川崎フロンターレには親和性があることはわかっていたとおり、スムースな攻撃を創出。ただし左サイドは除く(苦笑)
コーチングスタッフから杉岡に、もっとオーバーラップしてイイ、、、というような指示が出ていたらしいが、そりゃ杉岡には難しいし、前を(レーン使いの感覚が薄い)相馬が塞いでいるんだし、そりゃ無理筋というものだろう。
右サイドでは川崎フロンターレの山根がレーンの使い方やインナーラップの手本を何度も見せつけるのと対称的。山根はこのクラスだと違いを十分見せつけた感じだ。
あと、横浜F・マリノスの水沼と山根と信頼感というか共通意識を感じたり。山根も(フロンターレでやっている)家長より水沼の方が実はもっとやりやすかったりして(笑)
谷口は前半だけで交替。山根も75分で交替と、今夜の東京でのパリ・サンジェルマン戦(パリ・サンジェルマンVS川崎フロンターレ)に備えたらしい(爆)…ウソでっす(笑笑笑)
※ちなみにTBSのサイトでは、谷口も山根も出場することになっておるぞ(大笑い)
この試合のスタメンをベースに第3戦の韓国戦を戦うことは間違いないが、いいプレーを見せた選手たちは、韓国戦でどういうパフォーマンスを見せられるか、、、ってところですな。
なお、パリ・サンジェルマンVS川崎フロンターレはTBS地上波でライブ中継。TVerでも配信。動画配信サービス「Paravi」でも配信。
パリ・サンジェルマンはこの後23日(金曜日)に浦和レッズ、25日(月曜日)ガンバ大阪と対戦するが、この2試合は「Paravi」でしか中継(配信)がない。
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=4378
https://tver.jp/live/special/leefu9o5nj
あと、今夜は先週中止となっていた天皇杯4回戦、東京ヴェルディVSジュビロ磐田が行われる。「JFA TV」でライブ配信するそうで。
元々NHK-BSは、この試合をライブ中継することになていたもの。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  10. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  11. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ