南野も離脱、オナイウ阿道を召集…

昨日午後、南野が離脱との発表。追加召集のアナウンスはすぐには出ず、昨夜かなり遅い時刻になってオナイウ阿道を召集との発表。
これってどういうこと???
板倉にしても南野にしても、はるばる地球一周の旅をさせられただけ、っすかぁ。
どういう判断で今回のメンバー選定をしておるのかね。
それとも、あくまで日本に戻ってからのトレーニングで負傷したっていうのか、そのたりは明確にしていただきたいよね。それ、メディアの仕事だろ。ツッコんで来てくださいよ。


いずれにしても、板倉、酒井宏樹、南野と3人も離脱というのは普通ではない。
酒井宏樹については、もしかすると日本で行われるオマーン戦だけプレーする事前の予定(約束)だったのかもしれないなぁ。それならサイドバックを6人も選んでいることに、多少符合する。しかし、それならそうと明らかにすることだし、本当に実はそういうことだったというならば、いろいろ各方面をバカにしてないか。
まぁ私はメンバー発表会見で、技術委員長と監督が初戦を日本で行えるという点を強調してニンマリしていたこと自体、違和感や疑念を持ってましたけどね。
ヨーロッパから大量に日本に帰らせて、コンディションがよいわけないだろうって。続いてトンボ返りのようにカタールへ移動、と。
そういう酷使の仕方をしてるから、これまで何人の選手のコンディションを崩させてきたか。。。
さすがに海外を行き来したことのない技術委員長と監督だ。そういうことが全然わからないようだ。
また、仮にヨーロッパから日本に帰らせたとしても、時差ボケもあってパフォーマンスがよいわけがないわけで、そういうことなら日本で(Jリーグ)でプレーしている選手中心でスタメンを構成するとか、そういう技量もない。
フランスからオナイウを呼び寄せたが、合流してすぐ試合になり(だから離脱するならオマーン戦の前に離脱しろよ、っていう多くの人の意見は当然…)多分ロクに使いやしないだろう。
それだとオナイウにとっても迷惑なハナシ。トゥールーズへ移籍したばかりで、ようやく2試合連続ゴールも決めてチームにフィットする大事な時間なのに。
そんなこんな、とにかくマネジメントがヘタクソとしか言い様がない。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ