序盤に幾つも決め損ねたが、結局グループ1位突破まで決まった夜。

U-23アジア選手権のグループリーグ第2戦、結果的にはゴールも重ねて勝点を積み上げグループステージ突破が決まり、その後に行われた北朝鮮VSサウジアラビアがドローに終わったんでグループ1位まで決まってしまったという。


タイ戦については、タイの選手は昔からあれくらい足技あるんで、大体いつも(負けはしないが)苦労はしてる。なんで(あえて)テレビ朝日の中継で見ていたんだが、絶叫がうるさいよ、ホントに。この試合の実況の加藤アナウンサーもスカパーでの(テレビ朝日担当の)Jリーグ中継ではもっとずっとイイんだがな、、、地上波で、一般大衆を念頭に、詳しくない層にも…なぁんて考えると、どうしてもこうなんですかね。それってもう古い様式ですよ、全くもって。やたらと日本のピンチを煽るし、なんとか○○○○しました(かき出しました…とか、身体を入れました…とか)っていうのが多いし。フットボール中継のアナウンサーの粒を揃えてきたと評されているテレビ朝日ですら、こうなんだから。
で、序盤に3点、控えめに見ても2点は決められる(決めてなきゃいけない)試合だったんで、そこはちょっと。特にクロスバーの跳ね返りを豊川がヘッドで決めようとしたら、またクロスバーに当てた場面は、ありゃ見てて引っくり返りましたよ。なにやってんすかね。
豊川は最後に手倉森監督が加えた選手の1人だが、まぁフリーキックが得意だと思うんだが、コーナーキックとかのボールが、質はよい感じだが、なにしろボールスピードが無いんじゃないか。
鈴木武蔵のゴールは見事だったけど、あそこにしか蹴れない(蹴り込めない)だろうな…とは思う。普通にゴールキーパーなら、逆サイドなり天井を警戒すると思うが、その点、幸いなことに予測の逆を突けたかもしれない。ちなみに鈴木武蔵は、見てるとターンができないみたいだ。。。
で、日本時間夜中過ぎの北朝鮮VSサウジアラビアですよ。この試合がもしやドローに終わったらグループ1位が決定するんで、念を送るほどではないが(笑)一応注目して見ていたんだが、北朝鮮が2度リードするもサウジアラビアがすぐに追いつき、とうとう逆転してしまい(3-2)これだとグループリーグ第3戦のサウジアラビア戦が1位争いになるんだなぁ…と思っていたら、北朝鮮が追いつき、3-3のドローでタイムアップ。まぁ注文どおりになりましたと。
サウジアラビアは、センターバック2枚の間にギャップができやすく、そこを北朝鮮に何度も突かれたし、選手個々に自身の力量に一定の自信があるからかもしれないが、一瞬の状況変化に対して反応が鈍いというか遅いというか、準備ができてないというか、そういうのから結構イージーに失点を重ねていた印象。負ける相手ではないが、よもやということもあるんで、グループリーグ最終戦で順位争いをしないで済むのは結構なことだろう。そもそも、ノックアウトラウンド1回戦(クオーターファイナル)までに、日本は中2日、対戦するグループAのチームは中3日で、元々ここが懸念されていた(もちろん、ここで負けると終わりという点も含めて)ので、グループリーグ最終戦を完全に消化試合とできるのは大きいだろう。ただ、そういう有利な状況というか理想どおりの展開の時に日本はえてして、肝心の試合でフワッとしたような…というか、ギアが一層入る(エネルギーが高まる)感が過去なかったというか、、、現場はそんなつもりも気が抜けてる感も全く無いだろうが、そういう体験が多々あるんで、うまく運んで欲しいと願いたいですね。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ