ガンバ大阪の新スタジアム、こけら落としは2月14日。

本日14:00から、1月のU-23アジア選手権(リオデジャネイロ・オリンピック予選)に臨むU-23代表メンバー発表。日本サッカー協会公式サイトでライブ配信。


昨夜のクラブ・ワールドカップ、引きこもった相手にはやはりミドルとフォワードの一芸か。スアレスの先制ゴールの引き金となったラキティッチのミドルは凄い弾道で、ああいうのが打てなきゃイカンっすよ。っていうか、先週末のリーガでもラキティッチはミドルを決めてるが、そっちの方がコースも弾道ももっと凄かったように見えるが。それと、そのシュートのこぼれを決めたスアレスの身のこなしと芸は、これも凄い。
スアレスの2ゴールめも、イニエスタの浮き玉のパスに抜け出して胸トラップから決めたが、相手ゴールキーパーが出て来たところをキッチリ決める。技術だのテクニックだのというこもあるが、身のこなしでしょ。それを単に身体能力などと(あるいは一般人にもお馴染みとなった体幹などという言葉で)括ってはいけないのではないか。日本人だって、古来から培ってきた身のこなしの訓練(鍛練)方法があるわけで、スポーツ競技においてはそういうのを軽視してるというか、忘れてるんじゃないのか。そういう部分のトレーニングをもっとやった方がいい。女子代表(なでしこ)が何年も前にやってたらしいように。
ところで、広州恒大のパウリーニョだが、もちろん奮闘はしてたけれども特に大したこともできず、ピッチの中でのパウリーニョ表情を見ると、これまで見たことのないような(少なくとも広州恒大でのプレーの中では)表情のように思われ、バルセロナとの戦いで何を思ったんだろうか。相手がああで自分の周りはこんなで、こんなに自分が苦闘するなんて、、、っていうことだったのか。もうちょっとフットボールになると思ってたのに何だよ、、、っていう感じだったのか。コメントが聞きたい。
ガンバ大阪の新スタジアムのこけら落としは来年2月14日(日曜日)と昨日発表。名古屋グランパスと対戦するプレシーズンマッチだそうだ。こけら落としマッチの対戦相手は当初からセレッソ大阪…という話だったが、セレッソが来シーズンもJ2だったり、あるいは他の理由(?)とかで、結局セレッソじゃなく。名古屋グランパスになるんじゃないかっていう噂なのか憶測なのかが出てたが、そのとおりに。
是非TV中継して欲しいね。フットボール・フリーク以外にも広く目にしてもらうべきだ。
それと、来年の天皇杯ファイナル(平成29年元日)は、このスタジアムで開催すべきだろ、日本サッカー協会。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ