皆川~って叫ぶこと数度の前半、そして後半…実に惜しい失点。

昨夜のクラブ・ワールドカップ、リバープレートVSサンフレッチェ広島。1トップに佐藤寿人でもなく浅野でもなく皆川をスタメン起用したのは、いろいろ意見はあるだろうが、でもわかるんだな。前線からの守備のことや、疲労のことや、いろいろ。その皆川に期待できない感があったかもしれないが、よく奮闘したとは思いますよ。でもな、3回はあったよなぁ、、、決められそうな場面。


一番最初の、青山のディフェンスライン裏へのフィードに抜け出してゴールキーパーと1対1になった場面が、最も惜しかった。あれを浮かさないで決められるか…これはもう場数だよな。裏へのフィードが結構通るんだな…と、TV中継のコメンテーター席の岡田武史氏が口にしてたが、ああいう裏狙いの長いボールはあってよいんだよ、日本フットボールも。
で、3つめの惜しいシーン、、、青山の速いグラウンダーの縦パスをトラップがちょっと決まらなかった…それでも身体をもっていってよくシュートを打ったが。これも相手ゴールキーパーに阻まれる。だが、その時間帯くらいから、身体がこなれてきた感じで、茶島へポストプレー(胸トラップからスルーパス)を出した場面など、素晴らしかった。その後の茶島のプレーも、ドリブリングでペナルティエリア内に入って、スピードダウンしたのでオイオイと思ったが、右へ持ち出して惜しいシュート…だが、あれはもうちょっとでも右上に飛ばないと手の長いゴールキーパーに対しては決め切れないんだな。
というわけで、掛け値なしの善戦ぶり、奮闘ぶりが光った前半。
ただ、後半になるとやはり、中2日、中2日、中2日…の過密日程の故であることは疑いの余地なく、疲労の色が濃くなってきた。ドゥグラスも明らかに足がもつれてきたが、最後までドゥグラスを交替させなかったのは、駒が足りないよなぁ。柴崎も野津田も欠いてるんだ。
失点シーンは、あれはひとりの責任にするつもりはないが、やはりゴールキーパーの林のミスだわさ。なんでパンチしなかったのか。拮抗した状況で、あれはやっぱりイカンよ。
というわけで、実に惜しい0-1の敗戦。リーベルも長旅と試合間隔の点でよいコンディションではなかったとはいえ、こういう試合いができることはJリーグの大いなる成果。そこにゴチャゴチャと、足を引っ張るような、揚げ足をとるような、しょうもない突っ込みをする余地はないぞ。まだまだ、もっともっと行ける。
この試合のことではないが、サッカー関係者からのヘンな(妙な)ネガティブ発言もいい加減にしてもらいたい…ま、それも商売故なんだろうが。もっともっと盛り上げ、もっともっと根を張り、もっともっと行ける。行かなくちゃならない。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ