ヨーロッパリーグ・プレーオフ、堂安の存在感…上田絢世の存在感は???

ミッドウイークに行われたヨーロッパリーグ・プレーオフ1stレグ、上田絢世が所属するフェイエノールトがホームにローマを迎えた一戦、堂安が所属するフライブルクがアウェイでランスと対戦した一戦の視させていただいたんだが。。。

まず堂安は右ワイドに入って、ランスもウイングバックを張るシステムだが相手のウイングバックに蓋をしつつ、時には最終ラインまで下がり、攻撃でも右から積極的にカットインしてのシュート(前半だけで4本とかだったか…)や、縦に突破しての右足クロス(ドンピシャだったのに中央で味方のヘッドは頭を振り過ぎてマウスを外してしまう…)など、味方からの信頼も感じさせ、チームを牽引するようなパフォーマンスだったかと。
惜しむらくは何度かあったシュートチャンスに力が入ったか、いずれもショットがヒットせずにゴールをこじ開けることができず。スコアレスでホームに戻る2ndレグで、ノックアウトステージ進出を決めたいところだ。

上田絢世はこれで2試合続けてのスターティングラインアップ。4-2-3-1のフォーメーションの1トップだが、味方からポスト役としては見られている(ボールを当ててくる)んだが、フィニッシュやペナルティエリア内の仕事にはあまり信頼されてないか。。。
ま、今シーズンここまでなにしろ1ゴールじゃな。
ポストプレーも頑張ってはいるんだが、潰されるシーンも何度かあり、あとは何としても上田自身がフィニッシュするシーンを作りたいところ。
60分過ぎに下がる直前に、自身が得たペナルティエリアすぐ外での直接フリーキックは蹴らせてもらえたが、強烈な弾道を放ったが、相手の壁を悶絶するにとどまり、、、シュートはその1本だけだろう、それではな。。。
とにかくゴールに絡むプレー、なによりゴールが欲しいところだ。
ホームの1stレグを1-1で終えてしまったフェイエノールト、アウェイで戦う2ndレグでなんとか勝利をおさめたいところだが。。。

▲ページのトップへ

CALENDAR

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

 2024年05月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  5. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  6. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  13. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ