鎌田、残念ながら前半だけのプレーに終わる…

セリエAの年始初戦、ラツィオはアウェイでウディネーゼと対戦。鎌田はルイス・アルベルトの離脱で年末の試合に続いて2試合連続スターティングラインアップに名を連ねたが、残念ながら前半で交替。
左からのクロスがペナルティエリア内に入っていた鎌田にドンピシャで来たが、鎌田のヘッドはフィニッシュする態勢(準備)にあったのかちょっとわからん感じでクロスバーを越えてしまった。
多分ピッチの上を漂っていた、と表されるであろう印象のパフォーマンスで、こういう場合はぶっちゃけイタリアでは、ピッチの上で〇〇だった、、、などと書かれることを何十年も前から我々は知っている。
批判も多いが擁護する向きも結構あっただけに、うーん、残念な感じだなぁ。

印象良くないのは、ヘッドをマウスに飛ばせなかったシーンより、前線から戻ってきてボールを受けてワンタッチでサイドの味方へはたいたがミスキックとなり相手にボールを渡すことになったシーンだったり、中盤でボールを受けてワイドに開いている味方に付けたパスが不思議にもタッチラインを割ってしまうパスミスとなったシーンだったり。
コンタクトプレーでの強度も足りないシーンが幾つもあったり。(それでデュエルに強く行ってイエローを貰ったりした…)
状況は厳しいな。。。
移籍が決まらず時間なく合流していたシーズン序盤の方が、まだずっと良かった印象すらある。。。

ところで、ウディネーゼのホームスタジアムは今やフットボール専用スタジアム。
セリエAが今で言うイングランド・プレミアリーグのような存在だった1990年代、ここはウディネーゼ市の所有する陸上競技場だった。スタジオ・フリウリってね。1990年のイタリア・ワールドカップの会場でもあった。
そこで中田英寿とかが奮闘してゴールも決めたりしたんで、所縁があるというか印象に残っている陸上競技場だった。
それが2010年代に入って、ウディネーゼが市と話をつけて99年間(だったっけ…)所有権を取得してフットボールスタジアムに改修した。
キャパシティは4万から2万5000にダウンサイジングされたが、映像で見るとおり実にイイ感じのフットボールスタジアムとなっている。
日本のクラブも自治体とそういう話をつけてこういう整備をせぇよ…と思いますね。
セレッソ大阪くらいだろ、自治体と話をつけて球技場(長居球技場)を改修して2万超の天然芝のフットボールスタジアム(ヨドコウ桜スタジアム)に改修したじゃんか。長居公園の施設は大阪市の持ち物だからね、市と上手く話を付けたもんだと常々感心してきたところだ。
人工芝だった球技場を(長居球技場は元々アメフトで使用されてましたね、アメフトは今や巨大陸上競技場である長居陸上競技場へ追いやって??…)天然芝ピッチにしてスタンド改修・増設したものなので、陸上競技場を改修したのとは違うが、それでもね。
そういう芸当を他のJリーグのクラブもどんどんやって欲しいものだ。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ