南野、パリ・サンジェルマン戦で奮闘、好パフォーマンス。

インターナショナルマッチ・ウイーク明けの先週末の試合になるが、アウェイのパリ・サンジェルマン戦で南野がスターティングラインアップに。この試合のモナコは3バックに1トップ・2シャドーのフォーメーションでスタート。1トップにはベン・イェデルではなくバログンを起用。2シャドーに南野とゴロヴィン。
インターナショナルマッチ・ウイークで2試合プレーしてるので、正直スタートからの起用は無いんだろうと思っていたので、嬉しい予想外。そしてPSGを相手に(2-5と大敗した一戦で)1ゴール・1アシストと気を吐き、現地での評価も上々。コンディションも良さそうで動きもキレており、よく守から攻の局面ではよくボールを受けに行き、ファイナルサードでは良いポジショニングでボールを呼び込み、PSG相手にアグレッシブな闘志溢れるプレー、ナイスプレー、グッドパフォーマンス。

ま、ゴールはPSGのゴールキーパー、ドンナルンマの大ポカ(パスミスというかプレゼントパス)を左足で鋭いショット。
1-2で迎えた後半、この試合、PSGに真っ向勝負を挑んでいるモナコはイイ時間帯もあったんだがまったくの個人能力で豪快に2発叩き込まれて突き放されるも、そろそろ選手交替のカードが切られそうな時間帯で、滑らかで切れ味良いターンから長い(そして美しい)スルーパスをバログンに通してアシスト。
その直後(80分前)に南野はアクリウシュと交替。
辛口のサポーターも居るんで、彼らのコメントに目を通すともう1ゴール決めて(確かにゴールチャンスはもう1つ2つあった…)沈黙させてやりたかったな。。。

軽量で小兵の南野だが、PSGのヘビー級の選手たちの中でとてもよくやっている。これに(今さらゲームメイク的な視野の広さやイマジネーションは求めないので)長いレンジのキックやミドルシュートが装備されれば、なおイイと思うんだがな。。。

先週末は、川辺もゲンク戦でファインショットを決めて勝利に貢献(決勝ゴール)しておりますね。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ