遠藤航、イングランド・プレミアリーグで初めてのフル出場…

ヨーロッパリーグではスタメン・フル出場があったものの、イングランド・プレミアリーグではスタメンもこれまで一度だけ(途中交替)の遠藤航。
先週末のホームでのブレントフォード戦でスタメン、そして3-0に勝利したこの試合で遂にフル出場を果たした。
そのパフォーマンスについては現地でも、そして中継を観ていた日本でも賛否が大きく分かれているようで。
ま、イエローを貰っている上に、後半にボールタッチが大きくなって激しいクロスプレーとなったシーンで競り合った相手が痛んだこともあって、あれはイエロー2枚めだろうという声も多く、ぶっちゃけ印象がちょっとね。
現地のサポーターもいろいろいろいろ煩い(苦笑)

ま、遅いという意見は多く見えますね。ドイツではもっとガシガシ行ってたろう、、、とかもね。
だけどさ、リヴァプールのフォーメーションは中盤底1枚なわけで、ガンガン行ってスカスカにはできんしな。ましてやリヴァプールは周囲も前へ前へ行っちゃうチームだし。
そこで重要なのが読みになってくると思うが、読みったってヤマカンじゃないわけで、リヴァプールのシステムをなお理解して体得して、味方がこう行くと相手はこうなるという理解・洞察の上での読みですね。それには普通に時間がかかるのは当然。
そこら辺に関連して、遠藤は2ボランチ(中盤底2枚)でより機能する効果的になる選手なんだよ、、、という意見であれば、的確な意見と思いますが。

ま、味方もさらによくボールを付けてくれるようになっているし、そこからの遠藤の展開も悪くはないんで、そこは今後も楽しめるんじゃないか。ま、繰り出すパス、ボールのクオリティなりクラスがね、、、これは急激にアップグレードしてくれることを期待したい。
よくあるシステムの一貫だが、アンカーが最終ラインの真ん中に落ちて3バック(可変システム)になっているシーンもあったと思うが、あれを見てちょっと胸アツになったりもしたんだが(笑)
最初のボールタッチがイマイチ(大きくなる)なのは、これはまぁ遠藤の仕様かなぁ。自身でそこを見越しての次の次のプレーを磨くしかないよね。

…というわけで、全体的に賛否(それも否と、悪くなかったというくらいの賛と…)がこんなに分かれるほど悪い内容でもパフォーマンスでもなかったと私は思いますが。
遠藤の良く見えなかった(悪かったorやられた)シーンはわかりやすい…良いプレーはちょっとわかりにくい、、、っていう不利なこともありますね。

もっとも冬の移籍ウインドウで、モダンなアンカーのできる新しい選手をリヴァプールが獲得するようなことがあると、厳しくはなるよね。折しも遠藤はアジアカップで丸々1ヶ月間不在だし。その間もプレミアリーグはどんどん日程消化されて行くわけだしな。
まぁ、相当な移籍金を投入して獲得して4年契約を結んでいる選手なんで(そして年齢的にも転売は難しいし…当然それも承知で獲得してるわけだし)全く出番が無くなるということはなく、それでも使うとは思いますけどね。

▲ページのトップへ

CALENDAR

           1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30            

 2024年06月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  13. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ