31年前の今日、「足に魂込めた」アジアカップのイラン戦…

冨安が10月のクラブ月間MVPということで、今日は冨安ネタを書こうと思っていたんだが、SNS(Twitter、、、じゃない「X」と書くべきだな)で「31年前の今日 アジアカップ1992」という発信があったので、そっちにします(笑)
1992年のアジアカップは広島で開催され、日本が初めてのアジアチャンピオンを獲得した記念すべき大会。翌年のJリーグ開幕前に大きな弾みをつけることとなった記念すべき大会だった。
何故この大会は「日本大会」でなく「広島大会」ということになったかというと、1994年にアジア大会(アジア競技大会)を広島で開催することになっていたので、そのプレイベントとして広島および尾道で集中開催したもの。
サウジアラビアを下した優勝戦(ファイナル)は今日(11月3日)ではなく、今日はグループステージ最終戦のイラン戦が行われた日、、、ここで勝たない(ドローでもNG)グループステージ敗退という状況でのイラン戦。
イランはドローでもOKで、スコアレスで時計が進んでの確か残り5分あたり、井原(現・柏レイソル監督)のアウトにかけた(?)スルーパス(なんちゃってアウトで蹴ったらスルーパスになった???)に三浦知良がオフサイドラインぎりぎりで抜け出して、ゴール右の角度の無い所から豪快にニア上をぶち抜いて決勝ゴールを決めた一戦の日だ。

…というわけで、Twitter(X)もそれをフィーチャーしている次第。

そして三浦知良の「足に魂込めました」という試合後のインタビューは至言というか歴史に残る名言だよなぁ。

この試合、当時の「負け癖」のついていた私なんぞは、はぁやっぱりこれで敗退かよ~地元開催なになぁ~とボンヤリ思いながらNHKの放送を視聴していただろう…と思う(笑笑)
だって、負け癖の上に、グループステージの第1戦も第2戦も勝ち切れずに連続ドローで勝点を詰めずに迎えた最後の相手がイランだぜ、、、そりゃそういう心持ちになるわさ(苦笑)

ま、もっともイランは強硬にオフサイドを主張。そして1年後、翌1994年10月のワールドカップ・アジア最終予選ではイランにしっぺ返しを食らわされ(総当たりリーグ戦の第2戦で1-2の敗戦、第1戦はサウジアラビアとスコアレスドロー)途端に崖っぷちに追い詰められたんだけどね。

ということで、1992年アジアカップのイラン戦でも「足に魂込めた」三浦知良の決勝ゴールのお話でした。
ちなみに御本人の後年の談話で確かシュートはファーを狙ったんだけど、ピッチが荒れていたために弾んだボールが右足アウトに当たってニア上に行ったとか、、、そんなことを聞いた記憶があるんだけど。。。
実際、試合後にプレスに囲まれるまで御本人はファーにフィニッシュしたと思い込んでいたらしい、、、というのも聞いたことがある。

▲ページのトップへ

CALENDAR

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

 2024年05月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  5. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  6. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  13. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ