普通にやればアウェイでも問題ないわけ…ACL

昨夜はACL(アジア・チャンピオンズリーグ)の名古屋グランパスのアウェイ(中国・天津)での戦いをTV観戦。藤本、玉田、永井の3つのファインゴールで快勝。だからさ、普通にやればこうなるんだってば。


玉田だけども、間もなく32歳になるのかな、だが今シーズンのパフォーマンスは非常にいい。柏レイソルから名古屋グランパスに移籍して復活した、みたいなことがよく言われるが、私は実はそんなに素晴らしいとは思ってなかったんだよね。柏レイソルでトップフォームだった頃(2004年くらいかね??)のパフォーマンス、特に1つ印象に残っているのをあげると、雨の横浜国際で横浜F・マリノスを1人でやっつけた試合が非常に印象強いのだが。そんなわけではあったのだが、30歳台になって無用な力が抜けてきたんではないか。視野や発想も広くなり、ファンタジー溢れるプレーと、本来持っている技術の高さを試合の中で安定的に発揮できるようになったんではないだろうか…私の印象ではそう見えるんだが。あまりにいいパフォーマンスなんで代表に呼んだら、という声もあるだろうが、呼ぶ時はよほど日本代表が苦境に陥った状況であって、クラブでのパフォーマンスを楽しもうよ、ってのがいいんじゃないだろうか。それがスタンダードでしょ。長年のキャリアであちこち慢性的なケガもあるだろうが、この感じで楽しませて欲しいと思う。
しかし、その玉田にしても藤本にしても、昨夜の試合でもそうだったんだが、いわゆるファンタジスタ系は1試合の中で何度かは気の抜けたプレーというか全く軽率なポカをやらかすな(笑)…それも玉田よりも現役の日本代表であるはずの藤本の方が、ポカの回数も発生連続度も危険度も高いのがイタい。
同じくACLでガンバ大阪がホームでウズベキスタンのブニョドコルに快勝したが、この試合だって普通にやればこうなるでしょ、ってなもんだろう。その「普通」がなかなかできないんだが。この試合の先制ゴールは遠藤のペナルティエリア左外からのミドルシュートだったのだが、このゴールがまた実に素晴らしい。味方とのワンツーでのリターンを、右足インフロントでカーブをかけた低い弾道で決めたファインゴール。ゴール裏(ゴール左後ろ)からのカメラアングルがあるので、これを見てもらえればいかにファンタスティックなゴールかがよりわかる。ゴールネットを揺らした時の音だけでも、素晴らしいシュートボールだったことがわかるんだけどね。一般の人にも是非見て欲しいなぁ。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ