リヴァプール、遠藤航の獲得を発表。

日本時間では昨夜遅くの時間帯になったかな。契約期間は4年らしい。背番号はシュツットガルトと同じく「3」が与えられたとのこと。
クロップ監督のコメントもソツが無いというか、実に賢いというか、サポーターを納得させられるようなコメント。このあたりも(ミルナー以上のインパクトを残せる…だとか)ま、サスガって言えばサスガだな。

リヴァプールは中盤センターの選手が移籍で居なくなり、カイセドなど追いかけていたんだが獲得に失敗し、そこで遠藤航。
日本のフットボールフリークの間でも足元の技術的に大丈夫かという声もあるだろうが、リヴァプールというタレント揃いの中で、そこはなんとかなるんじゃないかと思ってる。
あと、ナショナルチーム(日本代表)やシュツットガルトでのプレーでも、ビルドアップ時に下りて来ないんだが、特に中盤3枚で回している時の日本チームでは、アンカーに遠藤を置いて、その前に守田(ともう1人)という配置がデフォで、むしろ遠藤と守田の位置を入れ替えた方がイイんじゃないか(つまり守田をアンカーに)議論もずっとあるんだが、そのあたりの戦術的な部分がリヴァプールでどのように変化なり進化するのかも興味深い。
ぶっちゃけ、結構やるんじゃないかと思っている。

いずれにしても、30歳のプレイヤーに4年計画を提示するんだから、リヴァプールも本気で獲得した度が表現されているかもしれない。

なお、シュツットガルトでは伊藤洋輝にアヤックスから熱心なオファーが来ていることが報道されているが、それだけの評価ならアヤックスに行ってもイイんじゃないかとも思うが、遠藤が居なくなったんで完全にその話は消滅だろうな。

また、シュツットガルトにしてもメディアブリーフィングで、シーズン開幕直前に中心選手(しかもキャプテン)を移籍させてどうよ、、、的な質疑があったようだが、その受け答えもまぁこなれているというか。
もちろん遠藤自身の(イングランドでプレーすることが)夢だとか、断れない額のオファーだったとか、そういうのもあるんだが、ここ数シーズン、キャプテンを務めて文字どおり大黒柱だった(昇降格プレーオフでの “LEGENDO”(リジェンド+エンドウ)ぶりもあった)遠藤だが、なんか売れれば売ってもイイ的な動き(発言)も毎シーズン後にあったよね。
もちろん一時的に痛手だが、遠藤がずっと居る(プレーする)わけでもないし、もう30歳だし、クラブとして当然の思考でしょう。そして、その後の育成なり獲得なりを怠りなく進める・進めている…的な。
ま、プロフェッショナルなクラブ(スポーツクラブ)の有り様ではあるわな。
日本のクラブにはいまだに及ばない次元・レベルと言われても(昨今の幾つかのクラブの世代交代や編成を見ていて)仕方ないかな、、、といったところだ。

▲ページのトップへ

CALENDAR

           1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30            

 2024年06月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  13. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ