昨夜のAマッチ…ポジティブな内容での4ゴールで快勝。

昨日の攻撃面におけるテーマは速い対角線攻撃か???(笑)
それも右で作って左へ展開、と。三笘にはこの試合も常に2人はマークに付くので、右が薄い、、、ってか、それってブライトンじゃんか。
先制ゴールの伊藤洋輝のミドルも左ワイドに三笘が開いていることで、スペースがあったものだし。
また、左から三笘が大きく右へサイドチェンジを通して、これに伊東純也が追いつくというシーンも、これまでの(歴史上も)日本チームには無かったパターンだ。
伊東純也と三笘というワールドクラス(インターナショナルクラスではなくワールドクラスと言ってもよいだろう…)の両ウイングがなせるワザというか、昨年のワールドカップでもこの両ウイングでの攻撃をやって欲しかったな…とあらためて思ってしまう次第だ。

もっとも守備面ではいろいろ問題もあったように見受けられるが、森保監督のチームは守備は個々人の頑張り、、、だからなぁ。
攻撃面やビルドアップは名波コーチが仕込んでいるものと推察されるが、守備面の仕込みは今後も期待できんね。。。

ペルーは韓国と対戦してから日本へ乗り込んで来ており、韓国には1-0で勝利だった。この日本戦にはラパドゥーラをスタメン起用していたし、今回のアジアツアーのメインは日本戦(2戦め)だったように思われる。
なお、昨夜は韓国VSエルサルバドルも行われており、終盤にエルサルバドルが追いついて1-1のドローで終了したそうだ。
強度と前からのプレスを持って戦って来てくれたペルーにはとても有意義なテストマッチになったし、その相手に前半で2ゴール奪えたのもとてもポジティブ。

三笘の左からの長いグラウンダーの折り返しが3つほどあったが(その1つが伊東純也のゴールのアシスト)速いボールを蹴り込み、受け手の手前で綺麗に転がる質の高いボールだったな。

試合最終盤の失点はいただけない。遠藤航に下げて瀬古を入れた直後だったが、瀬古をアンカーに置いたんかね。
瀬古をアンカー???
てっきり板倉を1列上げて、瀬古はセンターバックに入れるんかと思ったよ。
あるいは既に守田が入っていたんで、守田をアンカーにするとか。。。
あれはベンチの選手交替差配の失策だな。

しかしエルサルバドル戦を中継したフジテレビもこのペルー戦を中継したTBSも、放送のド頭は両局とも三笘の抜き映像から入るという、まぁなんとも今現在は三笘が文字どおり金看板、最大のスターだな。
試合中も三笘にボールが入るとスタジアムの歓声が凄い。ターンしたり交わしたりすると、またひときわ大きな歓声が上がる。
まぁこの現象・状況を頑張って知恵絞って活かしてくださいよ、JFA。
広告代理店やコンサルの「クライアントを喜ばせる」(そこまでの)オシゴトで満足してちゃイカンっすよ。
三笘はこの試合では後半途中でお役御免と思っていたら、フル出場させられ、今回の2戦で前線の選手としては最もプレー時間が長かった。三笘人気の故(もしかしたらTBSがフルタイム出場を要請したのか???)とはいえ、残業お疲れ様…っていう感じだ。

ところでTBSの実況担当アナウンサー、70分過ぎに堂安と久保建英がピッチに入る時、ピッチャーって言いかけたよね。
直後にコメンテーターが声を被せてくれたんで少し間が取れて、ピッチへ入りました、、、とか誤魔化したけど。
この国のTV局の人間の程度が垣間見られたシーンだったね。

この試合のスタメンを一応書いておきましょうかね。
ゴールキーパーが中村航輔、右サイドバックが菅原、左サイドバックが伊藤洋輝、センターバックが谷口と板倉、アンカーが遠藤航、インサイドハーフが鎌田と旗手、右ウイングが伊東純也、左ウイングが三笘薫、トップ(センターフォワード)が古橋。

なお、モロ被りで行われていたU-17アジアカップのグループステージ第2戦のベトナム戦は、立ち上がりに先制して幸先良いスタートを切ったものの、その後は追加点が奪えず1-0のまま時間が推移、ようやく後半に3ゴール重ねて4-0として終了。
その後に行われたウズベキスタンVSインドはスコアレスで進んでシメシメと思ったが、1-0でウズベキスタン勝利となった。
第3戦は金曜日(23日)日本時間21:00キックオフ。グループ1位抜けだとオーストラリアとの対戦になりそうなのか…な。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  10. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  11. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  19. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ