旗手→古橋の先制ゴールでセルティック連覇。

既に実質確定だったスコットランド・プレミアシップ優勝だが、昨日のアウェイでのハーツ戦も2-0で勝利をおさめて早々に優勝決定。
先制ゴールは後方からのフィードに旗手が抜け出して折り返し、、、古橋のワンタッチゴールという、誰かが言った”今シーズンをまとめたような”ゴールだった。

ゴールの時に(?)古橋は肩を痛めたようで、元々痛めてもいたんだろうが、ゴール直後に交替。大事ないことを願いたい。

ハーツにはヴィッセル神戸から移籍した小田裕太郎が居るんだが、この試合は左サイドでスタメン。
前半終了間際にレッドカードで味方が1人少なくなったため(前田大然が左サイドから右サイドへ移ってハーツの右サイドバックの選手へのVAR介入によるレッドカード誘発…)45分間のプレーで終わった。
それまでは攻守にわたって悪くないパフォーマンスだったんではないかと。

後はスコティッシュカップのファイナルを残しており、これもキッチリ勝ってカップ獲得して3冠達成と行って欲しいところだ。
な、リーグ戦(スコットランド・プレミアシップ)も残りまだ4試合あり、来週はレンジャーズのホームでオールドファーム・ダービー。
また、古橋はこの試合のゴールで24ゴールとなり(今シーズン公式戦の合計ゴールは30到達とのこと)ゴールランキング首位を走っているが、追走する選手が2人居て3ゴール差なんで油断はできないところ。
残り4試合あるしな。
ま、こちらも是非とも得点王でシーズンを終えて欲しいものだ。
んで、ポステコグルー監督と古橋(旗手もか???)来シーズンどこに行くんだろうな。。。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ