確かに日本人選手には(下に)ダラ〜という身体をした選手は居ないなぁ…

昨日エントリーした、馬貴派八卦掌の”特別講習“(その2日め)にて。
本日のタイトルの、、、身体が下にダラ~って感じ…っていうのは、弛(たる)んでいるという意味じゃない。また、日本人フットボーラーにそういう感じの選手は居ない(皆無と言ってよかろう…)というのは、ポジティブな意味合いではない。
むしろその逆なんだな。。。

国際的にはそういう身体(的)風味、、、「風味」という表現は私が今ふと思いついたものですが…そういうタタズマイの選手はたっくさん居る。
例えばメッシ、、、メッシを筆頭に幾らでも居ますよね。

それってどういうことかというと、ボール扱いの技術なりテクニックなりが幾らスーパーだったり高次元だったとしても、それでは突き抜けられないんだろうな、、、ってことなんです。

これって今ひとことで語るのは難しいんだけど、武術の練功の話になってしまうんだが、ちょっとだけ言ってしまうならば、身体操作・身体意識あるいは、寛解性緊張(←教わったばっかりの言葉)っていうような話です。

いわば、ボールを扱う技術やテクニックと全然異なる次元で、そういう領域が高められないと、そういう領域へ行かないと、いわゆるトップ・オブ・トップのクラスには行けないんだな、、、と。
んで、他の競技においては日本人でポツポツそういう選手が出現したりもする、、、だけどフットボールにおいてはまだ居ない…
(なお、それはすぐ想起されがちな単純なフィジカル云々というのとは異なる話です…)

そういうことをも学んだ、特別講習2日めでありました。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  10. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  11. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  19. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ