U-20女子ワールドカップ、前半の連続失点にもかかわらず奮闘したが完敗で準優勝。

スペインとのファイナル。前回大会(2018年)と同じ対戦カード。あの時はグループリーグ戦で0-1で敗れたスペインに3-1で快勝して優勝したわけだが、今回は…今大会のスペインのダイジェストを見て来た範囲でもパワーがあり、ミドルレンジからのシュートも強烈。苦しい戦いになることは予想の範囲。
日本は、今大会当初は4バックと5バックの可変システム…と言っていたが、すっかり5バック。
ところが早い段階から5バックのラインを形成するので、中盤が3枚になってしまい、ここが気になっていたところ。
それと最終ラインが5枚居ても、フランス戦の失点のように、サイドからボールを入れられると(人数だけ居て)処理が上手くない点も、気になるところ。
キックオフ時からスペインはベースは4-4-2なんだろうが、まるで4-2-4ないしは2-4-4のような形で押し込んで来る。


この試合の入り方がイマイチだったのかもしれないが、日本はこれにすっかり気圧されたような印象。
中盤で日本の右から左へ展開され、これに付いていけず、そこからディフェンスラインの裏に落とされてフィニッシュされて失点。
続いて、最終ラインからディフェンスラインの裏を狙ったフィードにかぶってしまい、抜け出されて失点。
さらにPKで3失点。
スペインは日本の力量を見切っていたかのよう。
ビルドアップ時から堂々と(?)2バックにし、(両サイドバックが高い位置をとって)中盤4枚に(両サイドハーフが最前線に並ぶ)前線4枚。日本の2トップのプレスの強度ややり方も承知済みで、中盤の守備面での脆さというかスカスカさも承知済み。最終ラインは人数は居るけれどもボール処理のレベルも承知済みだし、5枚の最終ラインに4トップをはめ込む形で押し上げできないようにする。
…そんな感じがする。そしてそこには当然、日本選手は技術が高いけれども、スペインの選手の技術レベルへの自信もあるだろう。フィジカルは言うまでもなく。
4-2-4のよう…と前述したが、序盤にミドルゾーン左で日本がセットプレーを得たシーンでは、なんと8枚のラインを形成していたし、先制した後はやや低く構えていたが、そのシーンでは4-4のラインを引き、しかも4-4が実に狭い間隔のブロック、、、最終ラインの4枚は中央に絞って、日本がワイドで高い位置を取ってきたら中盤サイドの選手が付いていく…と。
そんなに引かなくても大丈夫…となると、明らかな4-2-4で日本のビルドアップに相対したり。
こりゃフットボール・リテラシーが、日本より数段上だったんじゃないか。
フジテレビ(BSフジ)の実況アナウンサーが、スペインは個でなく組織で…などと口にしていたが、いやいや、そういう安直な形容は全然違うでしょ。個があって、その上にシステムが構築されているわけでしょ。
日本も3失点した後は4バックにしたのか、そして幾つか日本らしい攻撃で惜しいチャンスを作るようになり、後半立ち上がりからは完全に4バックにフォーメーションを変更し、早い時間にセットプレーから1ゴール返したが、スペインの無理をしない余裕ある試合運びで、奮闘もそこまで。1-3でタイムアップ。
日本は連覇ならず、準優勝となった。
今大会、準備が十分できなかった中、とても素晴らしい戦いだったと言えるだろう。
ただ、十分な準備ができたとしても、このファイナルのスペインの域には及ばなかっただろうな、とは思いますね。
それくらいチームづくりの技量・技術(そして識見や経験や歴史…とかも)に、日本人とスペインでは差があるんじゃないかなぁ。
スペインに限らずヨーロッパでは女子フットボールが信じられないような大観衆を集めるようになって来ており、どんどんモダンなフットボール、高度なシステムを駆使する国やクラブがどんどん出て来そうだ。
(現在のフル代表はともかく)アンダー世代では世界のトップクラスにある日本だが、その内、選手個々の技術や熱心な指導だけでは太刀打ちできないフットボール(システム・戦術)に相対さなくてはならなくなるかもしれない。
なお、大会MVPには、準優勝チームである日本から浜野が選出されたそうだ。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ