なでしこ、ヨーロッパ遠征第2戦。

日本時間一昨夜に行われたフィンランド戦。セルビアからフィンランドへの移動を含む中2日で迎えたテストマッチ。
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=4407
フィンランドの方も翌週開幕の女子ヨーロッパ選手権を控えており、モチベーションも高いと思われた。
日本はセルビア戦からスタメンを6人入れ替え。フォーメーションは毎度の4-4-2。
フィンランドはスペースへ動き出す意識、そこへボールを出す意識も結構あり、まぁまぁの相手だったか。
先制は日本。左から遠藤純のクロスに相手ディフェンダーが処理を誤りオウンゴール。
ところが直後、日本の左サイド、タッチライン近くで競り合った所を抜け出されてしまい(あそこは安直に左サイドバックが出過ぎては、、、まるで長友みたいだった…)約50メートルくらいを独走されて、最終ラインの間の取り方や対応も実にヘタクソで豪快にゴールへ叩き込まれて同点。


男子も女子も同じ、、、最終ラインはリトリートするだけで、味方がプレスバックして来てくれないと(そして、そこでブロックなりボールスチールしてくれないと)フィニッシュを防ぐ手立てやスキルがない。
はぁ~、、、いつまでこのレベルなんだろうな。
シュートブロックのスキルも低いし。
前半は1-1で終了。
後半、日本は3人を入れ替え。フォーメーションを(おそらく)4-2-3-1の形に。長谷川唯が植木のシャドーに入る形。
このシステムでいきなり活性度を増し、後半開始早々に右で作って、サイドバックの清水のオーバーラップからのクロスを、ファーで遠藤純がフィニッシュして追加点。
これを皮切りに、イイ時間間隔でさらに3ゴールを奪って5-1の快勝。
フィンランドは左サイド(日本の右サイド)の守備がユルユル、、、ではあったが、なかなかにスピーディな日本の攻撃ではあった。
まぁどうも日本チームはシャドー(皆さんがいまだにお好きな「トップ下」とも言えるか…)を置いた形がやり易い国民性なんかね。
2トップは、あんまり上手くないよなぁ。それでも2トップにこだわっていた女子前監督も居たが。
E-1選手権はやはりフジテレビの独占放送なんだな。

▲ページのトップへ

CALENDAR

           1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30            

 2024年06月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  13. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ