今夜、20年前と所も同じ大阪でチュニジア戦。

日本時間本日早朝に行われたオーストラリアとペルーのワールドカップ予選・大陸間プレーオフは、ま、塩試合となりスコアレスで120分間終了、PK戦の末にオーストラリアがワールドカップ本大会出場権を獲得した。
まぁ一発勝負となればこういう固い試合になるよね、、、といったところではあるが、それにしても内容はね。。。
それでも、アジアゾーンから本大会出場国が出るのは好ましいこと。
チャンスはオーストラリアの方が少し多かったが、ペルーはヘッドがゴールポストを叩いたシーンがあったりはした。ただペルーには南米らしい部分はあまり見られなかったかな、と。「南米5位」ということでこの戦いの舞台に上がって来ているわけだが、いろいろラッキーもあっての5位フィニッシュ…という情報は、あながち的外れでもなかったのかもしれない。
明日の早朝(3:00AM)はニュージーランドとコスタリカの大陸間プレーオフ。これが本大会出場権最後の1枠となる。そして、この勝者が日本(スペインおよびドイツ)と同組になる。
さて今夜はチュニジアとの対戦。既に幾つかのメディアで取り上げているとおり、20年前の今日(6月14日)は2002年ワールドカップのグループステージ最終節、1勝1引き分けで迎えた第3戦でチュニジアと対戦し、後半に森島と中田英寿のゴールで2-0で勝って(予想外の)グループステージ首位突破となった日。
所も大阪だったが、今夜の試合会場である吹田ではなく、長居の方だったけどな。


あの時は金曜日午後の試合で、試合後(夕方)渋谷駅周辺はたいへんなことになっていた(笑) 異様なムードというか。ちょっとそっち行くのはコワイくらい…的な(笑)
もっともその大会のチュニジアは明らかに力の劣るチームで、大会前に練習試合の相手を務めたJリーグのクラブからも、悪くても2-0で勝てる相手、、、という情報だった。正にそのとおりのスコアとなったわけだが。
2002年大会は、日本のグループが最も遅い試合消化で、決勝トーナメント1回戦(トルコ戦)まで中3日しかなく、翌週火曜日に宮城スタジアムで対戦し、ご承知のとおり大雨の中の試合で序盤にコーナーキックから決められた1点に追いつくことができず、そこでホスト国として迎えたワールドカップ本大会の戦いは終わってしまった。
もったいなかったな。
そもそも、日本がグループ首位で勝ち上がるとは想定してなかったんじゃないか、という気もするんだが。
だって、宮城スタジアムだぜ。
グループ2位抜けだと神戸ウイングスタジアムだった。もっとも対戦相手はブラジルだったが。でも、それが想定なんじゃなかったのか???
ちなみに、ブラジルの次戦(クオーターファイナル)は静岡スタジアム、セミファイナルは埼玉スタジアム。埼玉スタジアムのセミファイナルはどっちみち既定だとして、クオーターファイナルの会場(スタジアム)を考えてもですね、そういう道筋ではなかったのかと。。。
ま、今となってはどうでもイイんだが(笑)
そういうことをいろいろ推理、推論するのも楽しいというか面白いというか切ないというか、まぁいろいろですよ。
ついでに、、、宮城スタジアムで日本と戦ったトルコは、その後は大分スタジアム、大阪・長居スタジアム、そしてセミファイナル(埼玉スタジアム)でブラジルと対戦、、、という経路だったな。
(2015年6月16日のエントリー)
6月14日といえば…
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=1840
今夜もTBS地上波でライブ中継。TVerでもライブ配信。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ