U-23アジアカップ初戦。

フル代表から菅原が離脱したとのこと。オランダでのシーズン終盤は膝の状態が良くなく、十分プレーができてなかったわけだが。
残念だな。
で、ブラジル戦で右サイドバックは誰がやるんだ??
昨夜は21:00からモーリスレベロトーナメントに出場しているU-19の第2戦があり、22:00からU-21で出場しているU-23アジアカップの初戦があり、という時間差キックオフだったんだが、モーリスレベロトーナメントのキックオフが25分ほど遅れ、かなりモロ被りという状況に。
モーリスレベロトーナメントの方のU-19はコモロ(←U-21らしい)とスコアレスで90分を終わり、即PK戦ということで、3人全員決められず…という珍しい結果でPK負け。初戦のアルジェリア(←U-21らしい)と似たような展開・内容だったかな。ゴールキーパーの木村が目立つという点も同じ。ま、年齢の違いはあるけれども、これ、チーム作りとしてはどうしようとしてるんだろうな。
さて、U-23アジアカップの方だが、2年ごとに開催されてオリンピック直前の大会では出場権もかかるわけだが、今大会はオリンピック出場権は無関係。
とはいえ、出場権のかかる次大会のドローに関係するので、好成績が求められることは間違いない。
ちなみにU-21で参加しているのは日本と、開催国のウズベキスタンの2ヶ国だけらしい。


初戦はUAE戦。UAEはフル代表からも4人来ているらしい、、、とはいえ、数日後に最重要なワールドカップ予選・プレーオフがあるので、そっちに傾注しているのは当然。U-23世代から6人はそっち(フル代表)へ行っているとの情報。
試合の方はスコアレスで迎えた後半、右からの内野のややラフなクロスをUAEのセンターバックがクリアし損ねて抜けたボールを、鈴木唯人がディフェンダーを切り返しで交わしてフィニッシュして先制。
ところがその直後、後方からラフなフィードを日本のディフェンダー2枚居たのにさわれず、豪快に叩き込まれて同点に。
その後さらにPKを取られたが、ゴールキーパーの鈴木彩艶がセーブしてゴールを許さず。
右サイドの内野が中に持ち込み、クロスするように藤尾が外に開いて受けて反転から素晴らしいクロス、、、細谷が豪快なヘッドでネットに突き刺して追加点。
残り時間もしっかり試合を進め、厳しい戦いが予想されたUAE戦をイイ勝利でモノにした。
DAZNハイライト(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=8baiQnbklmQ

次戦はサウジアラビアとの対戦。ここが見ものになるかと。サウジアラビアは4年間のU-19アジア選手権の優勝チーム。
んで、その次戦は6日(月曜日)なんだが、19:20キックオフでフル代表のブラジル戦があり、21:00からU-19のモーリスレベロトーナメント第3戦があり、22:00からそのU-21のサウジアラビア戦があるという、また3重被り。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ