日本代表は3バックシステムも試すのか?? 鎌田も呼ぶのか??

もう数日前のニュースだが、UEFA(ヨーロッパフットボール連盟)がヨーロッパリーグの「週間MVP」を発表して、鎌田が選出されたんだそうだ。
相応しい…との声も海外であるようで、結構なこと。
ヨーロッパリーグでバルセロナ相手に、ウエストハム相手に好パフォーマンスを発揮した鎌田を森保監督は呼ぶのかね??
普通には呼ばない方がどうかしてるんだが…呼ばなかったら、どこの強豪国かと(笑)
ワールドカップ・アジア最終予選の序盤には呼んでいたが、途中から呼ばなくなっているよね。ま、今シーズン(2021-22シーズン)序盤の鎌田のパフォーマンスがあまりよくなかったことはあるが、その後フォーメーションを(4-2-3-1から)4-3-3に変えて、鎌田を置く場所が無い…という意見も多い。
で、先日の6月のテストマッチ発表のJFA会見で、森保監督は(戦術の)多様性、新システムの試行にも言及…したらしい(笑) 実は私、あまりよく聞いてなかったんで(苦笑)
メディア(および一部フットボール・フリーク)はすぐに、元々は森保監督は3バックのシステムだから(サンフレッチェ広島時代はそれオンリー)3バックシステムへの再取組みがある…と見るが、ま、そこはどうでもよいんだが、鎌田がプレーするフランクフルトは3-4-2-1のフォーメーションであり、ヨソのフォーメーションを見て取り入れる(形だけ??)のが好きな森保監督が(川崎フロンターレの4-3-3を形だけ取り入れたというか、それに移行したように…)現地で観戦していたというバルセロナVSフランクフルト(アウェイのフランクフルトが快勝したヨーロッパリーグ、クオーターファイナル2ndレグ)から3バックシステムで鎌田を2シャドーの一角で試す可能性は結構高いかもしれないな。


ただ、フランクフルトの前線は一応フォーメーション図で表すなら1トップ・2シャドーだが、3トップ気味だけどな。それと左サイド(ウイングバック)にコスティッチが居て、鎌田とのコンビネーションがフランクフルトの強味の1つではあるんだけどな。
そういう部分まで見ているのかどうか。。。
まぁね、例えばマンチェスター・シティの5レーンを見事なまでに駆使した前線のシステムなんて(シティは最近は基本的に4バックだが、ビルドアップから3バックになっていると思われ…)あれくらいやってのけないことには、単に3バックにします・しました…じゃあ、な~んにもなるまい。
果たして、そういう最新の戦術が森保監督にわかるのか、咀嚼し実行できるのか落とし込めるのか、、、はたまた独自のものを編み出すのか…それはありえないが(苦笑)っちゅうところっすなぁ。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2023年12月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  3. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  6. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  9. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  10. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイで勝点。(2023.09.21)
  11. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  12. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  15. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ