田中碧が所属するデュッセルドルフと板倉が所属するシャルケの先週末の対戦を録画視聴した。

デュッセルドルフはとうとう監督交替。その最後の試合でスコアレスで迎えた最終盤に田中碧(残り15分からピッチに入っていた)の中盤でのロストから決勝ゴールを奪われての敗戦で、ま、イメージが悪かったのは悪かった。
中盤でボールを受けてターンしようとしたところ、相手2人に寄せられてロスト、そのボールを前線へフィードされて、それは味方が跳ね返したんだが、さらにそれを拾われてクロス、、、これも味方がクリアしたが中途半端で距離も出ずに浮いてしまい、田中碧が戻って来て競ったが、競り負けた感じになって、そのこぼれをなんだか凄い(右足アウトにかかった)スーパーミドルを叩き込まれた、、、という失点だった。
シャルケをホームに迎えたこの一戦は、監督交替しての初戦。田中碧はベンチ、板倉はシャルケの3バックの中央でスタメン。
キックオフからシャルケが攻め込もうとするが、次第にデュッセルドルフがリズムを掴み、なんだなんだ…ちゃんとフットボールになっておるじゃないか、、、選手が適度に散らばり(?)レーンを使う意識も垣間見られ、味方を追い越す動きも出てきたしスペースを使う意識も見られる。こりゃ前監督のマネジメントは何だったのかと(苦笑)
むしろシャルケのフットボールの方がワチャワチャする感あり。


板倉は相手ボールフォルダーを潰したり、前半途中からは中盤底の位置に入って行ってビルドアップしたり、イイ感じのプレーぶり。前半は、シャルケが右サイドを縦に突破してからの速いクロスに2枚飛び込んで先制して終了。
後半に入るとデュッセルドルフが少し自信(確信)を持ち始めたのか、前へのエンジンがかかり、シャルケの中盤から最終ラインがドタバタ。板倉もその状況をコントロール、マネージするには至らず、デュッセルドルフが連続ゴールで逆転。
田中碧は残り15分あたりでピッチへ。中盤底で慎重に守備意識を強くしたプレーぶり。
結局シャルケは追いつくことができず、監督交替のデュッセルドルフが5試合ぶりの勝利となった。
デュッセルドルフは降格圏に陥っていたところ、一安心する残留圏内へ浮上。だが、もはや昇格は見込めるべくもない、よもやのシーズンと言ってよいだろう。
シャルケはアウェイ戦だったとは言え、下位のデュッセルドルフに取りこぼした感じだろう。昇格圏にわずかに届かない位置だが、上位とは勝点差もわずかで、十分に昇格圏内を伺える状況だろう。
板倉と共に是非とも昇格して欲しいところであるが。
田中碧は、、、ウ~ン、まずは2部残留を果たし、シーズン終了後にどうなるか…だよなぁ。レンタルなんでね、、、買い取りオプション付きだけど。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ