日本人選手のゴールは同時多発的(?) 鎌田と奥川の繊細なタッチからのフィニッシュ。

というわけで、昨夜~日本時間早朝に渡って、鎌田のゴール、南野のゴール、奥川のゴール、伊東純也のゴール、、、という次第。
ま、普通に嬉しいわな。
で、ブンデスリーガから鎌田のゴールと奥川のゴールなんだが、どちらも実に繊細なボールタッチからのテクニカルなフィニッシュで、、、いや~ソー・クール。
鎌田のゴールはフランクフルトの絵に描いたようなショートカウンター。中盤で相手ボールホルダーにプレスをかけ、苦し紛れにはたいたボールをまんまとかっさらい、トップに当て、その間に鎌田はハーフウェイライン手前からスプリント、、、味方からのスルーパスを受けてゴールキーパーと1対1、、、右アウトで交わし…その右足でノーステップでマウスへ。
奥川のゴールは浮いたポジション取りの奥川に味方が落としてくれ、ペナルティエリア内へドリブリング、、、寄せてくるディフェンダーに対し左インサイドでボールを隠し、次の瞬間に間髪入れずに右足でファーサイドギリギリへ沈めるフィニッシュ。


これで奥川は4試合連続ゴール。
だけど奥川がプレーするビーレフェルトは、試合の方はぶっちぎり最下位のグロイター・フュルトを相手にドローで終えてしまい、勝点1ポイント獲得にとどまり、、、順位は1つ上げて自動降格圏を脱出して入れ替えプレーオフ圏へ浮上したものの、この試合は勝点3ポイントが必要な試合だった。勝点3ポイント獲得すれば、プレーオフ圏も脱出できていたんだが。
鎌田がプレーするフランクフルトも、試合の方はドロー。
また、遠藤航と伊藤洋輝がプレーするシュツットガルトは昨夜の敗戦で、とうとう自動降格圏に落ちてしまった。
しかし奥川と遠藤航・伊藤洋輝がプレーするクラブが残留争い渦中(ど降格圏…)っていうのはなぁ、、、なんとか両クラブとも残留して欲しいが。

▲ページのトップへ

CALENDAR

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

 2024年05月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  5. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  6. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  13. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ