オイオイなんなんっすか、この板倉のゴールは!!

日本時間本日未明、シャルケの板倉がドイツ初ゴール、、、なんだけれども、このゴールは一体全体なんなんっすか(笑)
相手のラフなロビングを3バック中央の板倉がおさめ、そのままハーフウェイラインを越えて左サイドへ持ち上がって行き、左タッチライン際で動き出した味方へ短いパス、、、板倉はそのままペナルティボックスへ向かってリターンを受ける、、、中央の味方へ付ける、、、そのリターンをワンタッチでゴール右隅へファインショット。
日本人のゴールで最近で一番ビックリしたゴールじゃね…とメールくれた人が居るんだが、まぁそうだな。


なんかさ、また古典を持ち出してしまうんだが、ベッケンバウワーの最後尾からの持ち上がりからの地を這うゴールを思い出したよ(笑)
ま、3-1でリードしている状況でのアディショナルタイムのデキゴトだけどね。
日本代表でも、そろそろ冨安と板倉のセンターバックでイイんじゃねぇの??
シュツットガルトの伊藤洋輝も完全にトップチームのスタメンに定着していて、先月下旬にはこれまた右足で(伊藤洋輝は左利き)でビューティフルゴールを決めておりました。(このブログではエントリーしなかったけど…)
ディフェンスラインは日本フットボールの最盛期だな。。。
だからこそ、使わなきゃーなんだけどな。固定の選手起用じゃなくて…しかも一体何年続いてんだよ、っていう起用というかセレクト、、、まぁ日本らしいというか、なんというか、、、それでもサスガにどうかしてる。
シャルケもこの上位対決に勝って、再び昇格圏内浮上だ。
追記。
伊藤洋輝については、ケガで離脱していた本来レギュラー格の選手が戻って来るらしいのでポジション争いが厳しくなるな。シュツットガルトの監督のコメントを見ると、伊藤洋輝にプライオリティがあるそうだが、まぁ、そりゃそうだろうけどね。

▲ページのトップへ

CALENDAR

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

 2024年05月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  5. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  6. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  13. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ