鈴木優磨の今シーズン初ゴールも、伊東純也がキャプテンマークを巻いたゲンクが逆転勝利。

シント・トロイデンは前節で鈴木優磨と林大地の2トップが機能してアウェイで勝点3ポイントを持ち帰ったが、ゲンクとのホーム戦でも鈴木優磨と林大地が2トップ、橋岡も右ウイングバックでスタメン。
シント・トロイデンはミッドウイークのヨーロッパリーグから中2日で、オヌアチュ、ボンゴンダ、伊東純也の3トップはオヌアチュがベンチ、ボンゴンダはベンチ外、伊東純也だけがスタメンでキックオフ。


前半終了間際、橋岡が林に入れ、林のリターンを橋岡が右サイド深い位置からクロス、、、鈴木優磨がドンピシャのヘッドで叩き込んでシント・トロイデンが先制。
後半にも鈴木優磨は、左からのクロスにゴールまで5メートルあたりの位置でヘッドを叩きつけたが、叩きつけ過ぎてゴールキーパーが辛くもさわってゴールチャンスを逃してしまった。
そうこうしていると、終盤に差し掛かって行く中でシント・トロイデンは5バック気味に最終ラインを形成するようになったんだが、橋岡の前のスペースを誰も埋めておらず、そこからミドルシュートをファーへ沈められて同点に追いつかれてしまう。
5バックにして5-3-2の形になったんだと思うが、5バックの前のスペースへの戦術対応が無いので、当然こうしてスペースができてしまう。橋岡のサイドだけでなくても、5バックのラインをブレイクして前へ出て裏を通される場面もあったり。。。この失点の後、鈴木優磨や林大地がそのスペースを埋めに下がって来ていたあたり、ベンチワークは何してんだろうな…っていう印象。
林大地だが、オリンピックでの奮闘でシント・トロイデンへ移籍したイメージがあるんだが、攻撃の起点となったり幅広く動いて味方の攻撃を引き出すなど悪くないんだが、やはり前線のアタッカーとして技術やフィニッシュ能力が絶対的に不足している印象。
この試合でも、前半に橋岡からのクロスをゴール前でほぼフリーの状況でダイビングヘッドで合わせたが、マウスを遠く外れてしまった。決まらないまでも、せめてあれをマウスに飛ばせないようでは、いつまでプレー機会が与えられるか先行きは不安。ま、シント・トロイデンだから起用してもらえるんだろうか。
伊東純也は目を見張る活躍はなかったかもしれないが、多くのメンバーをターンオーバーして臨んだこの試合で、前線から下りてきて組み立てを試みたり、中のレーンにポジンショニングしてサイドバックに外のレーンに張らせてたり、中央でラストパスを供給したり(後半立ち上がり、繊細なラストパスから味方のフィニッシュが際どく右ポストを外れていったシーンは決定的なゴールチャンスだった)キャプテンマークを巻いた選手らしくチームを牽引。
決勝ゴール(逆転ゴール)は後方からの伊東純也へのフィードを深い位置でヘッドへ落としたボールを、途中出場のオヌアチュがフェイントを2つほど入れてディフェンダーの脚が出ないタイミングで沈めたものだが、これも伊東純也のアシストになるのかどうかアレだが(笑)こうして1人でフィニッシュを決めてくれるポイントゲッターが居ると、そりゃチームとして実に楽だよなぁ。
鈴木優磨は今夏の移籍問題でゴタゴタしたが、とにかくこれが今シーズン初ゴールで、ここからゴールを積み重ねて行くしかないよな。

▲ページのトップへ

CALENDAR

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

 2024年05月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  5. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  6. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  13. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ