右からのクロスを叩いた岡崎のボレーは惜しくもクロスバー…

バレンシアのホームに乗り込んだウエスカの3戦め。岡崎は1トップ下のシャドーでプレー。
序盤から何故かボールはバレンシア陣内を行ったり来たり。ウエスカがボールを握っているわけでも攻勢なわけでもないか、とにかくそんな体で推移。
岡崎はパスコースを切られてたりフリーになれず、なかなかボールを受けることができない展開。あと、ウエスカの選手たちも1部でのプレーということで、岡崎を使うというより…感もあるんじゃないかと、類推・邪推もしてみる。


ところが左からのフリーキックがそのままファーに決まってバレンシア先制。これが初シュートなんじゃなかったか。前半はバレンシア1-0のリードで終了。
右サイドに開いてボールを受けたりしていた岡崎にも後半はスペースが生まれるようになり、ペナルティエリア内左を縦にフリーランしてボールを引き出したり、バイタルエリア左寄りでボールを受けてミドルを放ったり(これは蹴りそこないでゴールマウスを大きく外す…)クロスもようやく岡崎に合わせるボールが来たり(ディフェンダーにカットされて届かず…)ハイライトは右サイドからのアーリークロスをディフェンダーの前に入った岡崎が右足インサイドのボレーで叩いたがクロスバー、、、惜しくもリーガ1部初ゴールはならず。
80分までプレーして交替。だいぶ走り回って確かに疲れてはいましたね。
さすがに1部は2部と違ってなかなかいい形でボールを貰わせてくれない。味方も岡崎が相手ディフェンダーとクロスプレーになりそうな状態だとボールを入れてくれないし、岡崎もフリーになる動き出しをしたくても、そこはやはり1部のクラブのディフェンスには穴も少なく、、、といったところだろうか。この試合の眠いバレンシアでのパフォーマンスでも、ね。ま、間違いなく2部での戦いとは違うわな。
試合の方はコーナーキックからウエスカが同点に追いつき、1-1のドローで終了。ウエスカはまだ勝利がないが、それでもアウェイ2戦(それもビジャレアル、バレンシアを相手に)をドローで切り抜けているわけで、厳しい残留争いになるだろうが、そこはポジティブな要素と言ってよいんではないか。
とにかく、初勝利を早くあげたいところですな。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  10. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  11. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  19. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  20. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ