この段階では首位攻防戦となった一戦で、森岡亮太と鈴木武蔵の対戦が実現。

現在首位のシャルルロワ(森岡亮太所属)と2位のベールスホット(鈴木武蔵所属)の対戦。
鈴木武蔵は移籍後3試合めの出場で初スタメン。2トップの一角で起用。
森岡は4-4-2の中盤センターの一角。


森岡はシンプルなパスさばきで、ズバッと前に付けるパスや見事なスルーパスを随所に見せる。
先制点は左サイドバックが斜めに入れたグラウンダーのクロスがディフェンスされてこぼれた所、バイタルエエリアで森岡が拾って、左に交わし、左足でディフェンスラインの間を見事に通すスルーパス、、、これが質・スピードとも素晴らしいセンスを感じさせるパスで、味方はワンタッチで当てるだけでゴール右隅へフィニッシュ。
現地の中継クルーも賞賛モノだったんだろう、様々な別アングルのリプレイが6つも7つも見せてもらえた(笑)
森岡は後半の立ち上がりに痛めて交替。
試合の方はシャルルロワが3点をリードしてアディショナルタイム、左サイドから鈴木武蔵へスルーパスを出してくれ、これを身体を左に開きながら右足でファーのポストを巻くようにフィニッシュして、ベルギー初ゴールとなった。
鈴木は、2トップのコンビを組む相方がオレがオレが…のタイプで、ポストプレーやボールを引き出すタスクも自ずと引き受ける感じになり、味方も割とよく付けてくれるんだが、少なくとも前半はあまりボールの収まりがよいとは言えなかった印象。
後半は相手のプレスもやや弱まり、若干スペースもできたので、前半よりもプレーがしやすい感じになったように見受けられた。
ま、ベルギーの前線っていうのは、一人でゴリゴリというのがデフォであり、この中で鈴木武蔵がさらに個の能力と場数を積むのは悪いことではなかろう。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  10. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  11. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  19. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ