アジアのチームのワールドカップ仕様はいかに通用したか

ワールドカップ仕様の韓国がアルゼンチンに対してどのような試合を演じるか注目された一戦。


決して引きこもりではない中盤からの守備網も、アルゼンチンのドリブルと早いパス回しに相手をつかまえ切れずボールを奪うことができず、決してズルズル下がったわけではないにしても守備網をずたずたにされたわけではないにしても、ペナルティエリアにあれだけ入り込ませてしまうと、スイスではないアジアレベルの守備文化ではオウンゴールであれセットプレーであれ、失点を喫するのはやむをえないのかな。そう書くと押し込まれっぱなしみたいになるけれど、そういうわけでは全然なかったんだけどな。
後半は中盤のプレイメーカーのキ・ソンヨンに替えてキム・ナミルを投入したが、これはもうちょっと前からボールを奪いに行こうということだったんだろうか。ただそれが効果的だったとは思えないなあ。パク・チソンの配置も後半から替えてきたみたいだし。ベンチワークが揺らいだか?
キ・ソンヨンはいいキックを持ち精度の高い中距離パスが優れた選手で、中村俊輔がいなくなった後、セルティックに加入した選手。フィジカルも含めてある意味で中村俊輔に雰囲気が似ている。ただ先シーズン途中から出番が減ったようだ。キ・ソンヨンを下げたことで、長いパスが減ってチーム戦術が変わってしまった感じがする。
ファイナルスコアは、2006年ドイツ大会で日本がブラジルにやられたスコアと奇しくも同じ。途中から流された??のも同じ。う~ん、もうちょっと考えさせてください。あ、別に衝撃だったとかいうわけではなく、反芻して考えてみたい。
明日はオランダ戦だが、日本は4-4-2で臨むらしいって?
カメルーン戦はアンカーを置いて4-1-4-1というか4-1-2-2-1というか、そんな感じだったが、伝わってきている4-4-2というのは4-2-2-2ということかね。
2トップにしてみようという意味はよくわかるし、適切な考えだろう。押し込まれるので前でポイントを1つ増やしておきたい。
2トップの下、中盤はボックス型ではなくて大久保や松井や岡崎(の中から2人)を配するワイドな形だろうから、中盤底(ボランチ=セントラルミッドフィルダー)は2枚ということか。う~ん、やはりアンカー置いた方がよいと思うけどね。
ま、これは昨日の情報。早速今朝になると違う情報が入ってきた。カメルーン戦と同じフォーメーションのようだとか。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ