今年のトゥーロン国際。

女子のヨーロッパ・チャンピオンズリーグは、熊谷紗希が所属するオリンピック・リヨンが、昨年のファイナルに続いてPK戦にもつれ込んだが連続優勝。PK戦はサドンデスまでもつれたようだが、熊谷は昨年同様、5人めに登場してキッチリ決めております。熊谷はチャンピオンズリーグ2連覇。
https://kohs-football.com/2207/

さて、トゥーロン国際は現在開催中で、グループステージ2戦を消化。NHk-BSでライブ放送している。今年はU-19で臨んでいる日本チームだが、2戦とも終了間際に追いつかれてのドローという冴えない結果だが、試合中継を見ていると、間違いなく選手たちのテクニック、技術は高いわなぁ、、、ごく一部の選手を除いて。ただ、それがチームの中に生かせているとは言い難かったり。あるいは、時折「ガッカリプレー」が顔をのぞかせたり、突然実に(そのテクニック、技術の高さがあることからして意外なくらい)ヘタクソなプレーが出たり。ま、そんな感じですかね。
シュートシーンでも、なんでそんなに実直に打つの(?)的なシーンを何度も目にし、テクニック、技術の高さと比例しておりませんよ。なんでですかね。捻じ込むぞ!!!っていう気概が欠けてるか?? 目の色変えた、ゴールネットを揺らせることへの執着が欠けているというか、淡泊というか。フットボール用語でいえば、キレイなサッカーなんだよなぁ。
あと、どの年代でも、この大会のU-19代表も寄せ集め的なメンバーだと思うが、とにかく、どういうメンバー・チームであっても、ボールの行き来の早いというか、せわしない、(古い言葉だが)いわば「わぁわぁサッカー」ですなぁ。それが日本のフットボールの特長(特徴)というか、変えられない(変わらない)スタイルというかモードというかテンポというかリズムというか…原初的・根幹的なものなんですかね。
https://kohs-football.com/1882/

▲ページのトップへ

CALENDAR

           1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30            

 2024年06月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  13. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ