「世界最大のスポーツの祭典」

ワールドカップ開幕前、TVの通常のニュース番組でアナウンサーがそう切り出すのを多く目にした。
以前は「オリンピックと並ぶ…」って感じだったのに、時代は変わるもんだ。
日本人がワールドカップを本当に知るようになったのは、1998年のフランス大会に日本チームが初出場してからだろう?? そう考えてみると、まあ理解や認識度の浸透は早い方ではないかな。
ま、ついて来られない御方、認めたくない御方も大勢おられますが。
今大会、気候がよいということで、レベルの高い内容になると思います、、、と予言(?)した評論家が多かったが、これまでのところどうだろう。
率直に言って、内容には乏しいかな。
それは標高のせいでも公式球「ジャブラニ」のせいでも、ブブゼラのせいでもなく。
私みたいなおっさんは、ワールドカップを70年代から見続けているわけだが、ワールドカップというのはそれから4年間の新しいフットボールの戦術が見定められる大会だった。ワールドカップで目の当たりにした新しい戦術を目標に、ヒントに、各国は進化と強化をはかってきたものだ。
オシム氏がスカパーでのコメントで「今後のフットボールの方向性が見えるかもしれない」と語っていたが、これまでは確かにそうだったし、そういう期待なり興味はあった。
でも近年は各国代表(ナショナルチーム)よりもクラブチームの方が戦術的にも上回っていること、先を進んでいることは周知のこと。
そういう意味でも、私なんかは今大会が新しいフットボールの姿を見せてくれるとは思ってなかったわけだが。
もちろんそれはそれとして、純粋に目が離せないことに変わりはない。それとは次元の違う話。
Jリーグも、ワールドカップ開催期間中は各国リーグを開催できなくなったので、先週の土・日曜日をもってJ2も中断となった。
土・日曜日のJ2の試合も何試合かスカパーで観戦したが、どれも非常に盛り上がった面白い試合だった。そこには別にワールドカップ効果云々は関係ないし。
確かにレベル的に見劣りするところは随所に散見する。でもそこは違った面白さや楽しさがある。その地域のたいへんな盛り上がりを目撃する。
これもフットボールの醍醐味。
いくら旧来メディアがJリーグを無視し続けようとも、サッカーについては代表だけ大衆に見せよう(代表だけしか見せまい)としようとも、Jリーグは各地でしっかり根づき、一度でもスタジアムへ足を運んで実際にご覧になればいい…老若男女が集まる素敵な空間になっている。
だからワールドカップで日本チームが惨敗しようとも、Jリーグ各クラブの歩みは止まることはないという確信がある。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ