来年6月のキリンカップは専用スタジアムのコンボ。

昨日、日本サッカー協会の2016年スケジュール&強化方針に関するプレスカンファレンスにて、キリンカップの日程が発表され、6月3日(金曜日)が豊田スタジアム、7日(火曜日)が吹田サッカースタジアム(ガンバ新スタジアム)での開催とのこと。おー、フットボールスタジアムでの(フットボールスタジアムだけでの)開催っすなぁ…いいですねぇ。そういうのって初めてだろう。
4ヶ国によるトーナメントになるので、各スタジアムとも同日2試合をやるってことですね、、、にしちゃぁ、両方ともウイークデイなんだが。


で、ボスニア・ヘルツェゴビナは決まりのようだが、、、おいおい、中国もやっぱり決まりなんか??? えぇ~なんだかなぁ。あと、どこが来るんですかね。マッチメイクの腕の見せどころ、だと思うが。
9月からワールドカップ・アジア最終予選。2016年内の日程はおそらく…9月1日、9月6日、10月6日、10月11日、11月15日…だろう。そうすると、11月のインターナショナルマッチ・ウイークにテストマッチが入れられる。といってもFIFAの縛りがあるんで、どこと対戦することができるものやら、、、というところ。
あと、昨日のプレスカンファレンスを見させていただいてて、、、各代表チームの監督の話はそれぞれによかったんだが、強化担当の話がね、悪いとかよくないってことは全然ないんだが、まぁ、与えられた時間も限りがあっただろうが、、、一生懸命やってくれてる、懸命に知恵を絞り動いているのはよく伝わったんだが、ちょっとした概念、概念定義とか、論理、コンセプト形成の点で、やや心もとないな…的な感触が少々したり。以前がその辺はしっかりしてたわけはないんで(もっと以前は単純だった、かもしれない)いろんな制約の中で無理な注文というか過度な要求かもしれないが、やや担当者の世代的な特性(?)みたいなものも感じたり。。。世代論を振り回す気は無いんだが(それは好きではないし)つまらん邪推なり、的外れな類推ならそれでいいし、ま、とにかく見守って行く、見つめて行くしかないんだが。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ