日本人はシュートへの概念(?)を変えないといけないんではないか…と。

昨日でクラブ・ワールドカップは閉幕。来年も日本で開催されるが、もしかしたら最後の日本開催かも。スタジアムは、2つのうち1つは、今度こそもちろんガンバ大阪の新スタジアムを使うよね。で、もう1つは?? また横浜?? 折角なんで、フットボールスタジアムを世界中に見せたいんで、埼玉スタジアムじゃダメっすかね。


3位決定戦で、サンフレッチェ広島が広州恒大を逆転で破って、本当にお疲れさまでした、という感じだ。広州恒大も相当お疲れでしたね。それでも、キックオフ直後に先制された展開をよく逆転したと思う。ただその先制点を許したシーンも、コーナーキックからだったんだが、まずコーナーキックを与えたシーンからして中途半端なバックヘッドのクリア(?)(自軍ペナルティエリア内に落としてどうするってば)もあったり、ゴールキーパーの林がまた、コーナーキックからのシュートを今度はパンチしたけれども、ペナルティエリア内ど正面に飛ばしてしまうという、、、林には悪いけど、それはないよ。
ま、多くの方々もおっしゃってるように、ゴールキーパーの差っていうのは(きわめて)大きいんだよなぁ。
で、この試合の実況ブースで岡田武史氏がはからずも口にしたのが本日のタイトル…正確でないとは思うが。岡田氏が言うには、日本人のシュートは、コーナーを狙ってんのか強く蹴ってんのかよくわからない、中途半端だと。シュートというのは、相手ゴールキーパーが居ない所を狙って(要はコースってことですかね)蹴るか、ゴールキーパーの意表を突いた(タイミングを外した)シュートを打つか、スピードでブチ抜くか、この3つなんだが、日本人はどれを選択したのかよくわからないと。なのでシュートへの意識(?)概念(?)を変えないといけないんじゃないか、と。たいへんウンチクある言葉と聞きました。
今年上半期だが(5月くらいだったか)スカパーの「Jリーグ・ラボ」に出演した時の話も非常に聞きごたえがあって、私、録画して見たんだが、まだ録画を消してないんだが(笑)また見よう(聞こう)と思って。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ