香川をマンマークで細貝が…

先週末のブンデスリーガ、アウクスブルクVSドルトムントで、細貝が香川をマンマークして途中交替に追いやった試合、リザルトの方もスコアレスドローに持ち込んで、アウクスブルクとしては勝点を積んで1部残留へ邁進、といったところかな。


「キッカー」誌の採点では、香川は「5」を付けられたようで。細貝はこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれて今節のベストイレブンにも選ばれた。あれだけのマンマークというのも、近代フットボールにはちょっと珍しい。普通マンマークを付ければ、その分スペースが空いてしまうのだけど、アウクスブルクは他の選手が戦術を理解して、空いたスペースを消す埋めるのに献身的だった。ま、香川ももうちょっと何とかして欲しかったが、それでも凄いスルーパスを出すシーンもあったんだけどな。スペースがあって前を向けばこっちもん、てな感じ。「キッカー」誌もそれだけ香川を評価しているということであって、細貝に対するコメントでも、ドルトムントのモーターである香川を苦しめた…と、ドルトムントにおける香川の存在感を認めているのがわかる。香川については、1月と2月と連続して何かで月間ヨーロッパベストイレブンに選ばれてたのも凄いんだが。ドルトムントは現在首位だが、このままスムースに終わるとは思えないけれどもリーグ優勝(2年連続優勝)して香川の評価が一段と高まるといいね。バイエルン・ミュンヘンは、チャンピオンズリーグのファイナルが今年はバイエルンのホームスタジアム、アリアンツ・アレーナで行われるんで、そっちで頑張ってくらはい…と言っておこう。
日本代表でも遠藤がどうもよくないし、長谷部も先日のウズベキスタン戦はよくなかったし、次は細貝をスタメンで起用してはどうか。プレーメーカーのタイプではないが、かなり代表でも使えるピースになってきているんではないか。そしてプレーメーカー役としては、そうだなぁ、まだ若い選手が出てきてないので(有望な選手は数々いるが、まだ積み重ねが…)中村憲剛も使っておくか。
U-23代表は、明日のバーレーン戦(オリンピック最終予選・最終戦)に向けた非公開練習で、2列めの3枚に、中央に清武、右に大津、左に原口という布陣だった模様。東を起用するなら、右だと酒井のオーバーラップのスペースを消してしまうんで真ん中に置くしかないんじゃないかな、と思っていたんだが。先日のマレーシア戦ではここに齋藤学が入って、酒井のオーバーラップのスペースが生まれていた。ただ、齋藤は昨シーズンのJ2の愛媛FCでも、先週末の柏レイソルVS横浜F・マリノス戦でも中へ中へ入って行くんで(適度に入って行くのはもちろんイイんだが)コーチによってはそこを少々好ましく思わない向きもあるかもしれない。ただ、フィニッシュの期待感を持たせる状態のよさは続いていると思うんだが。左に原口じゃなくて齋藤の起用はどうなんだろう。どっちかというと齋藤は左が慣れていると思うんだが。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  10. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  11. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  19. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  20. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ