なかなかに積極的な(?)シーズン終了後のJリーグ移籍動向…えー宇佐美にオファーだって???

いろいろエントリーすることがあるんだが、本日は今朝というか未明に一部スポーツ紙が報じたガンバ大阪の宇佐美へ川崎フロンターレがオファー出した件かね(笑)
ネットのトレンドワードにも、「J最強クラブ」「「G大阪の至宝」「宇佐美貴史獲得」「正式オファー」とかが一時的に上位に来ておったりしたようだが(笑)


衝撃ということではないが、今年一番の絶句…という人も居るらしいし、ビックリというほどではないのだが、宇佐美については実は結構、環境を変えた方がイイんじゃないかとか、ジョークレベルでフロンターレはどうよ(フロンターレに入ったら変わるか…的な)話題が出てたんで、それが現実のモノとなった(オファーだから実現するかどうかはわからないわけだが…)ということで、オォーってな感じ(ま、軽く…)という次第。
で、どっちが(どこが)リークしたんだろうな、、、っていう推理・類推・読み・想像・妄想…もあいまって。
川崎フロンターレは情報統制がしっかりしており、いわゆるお漏らし早く無いクラブ。そこにまつわる移籍(獲得オファー)動向が報じられたというのは天皇杯で敗退した直後という、あまりにソレっぽいというか、情報統制解禁か、、、という深読みであったり。
あるいは宇佐美側のエージェントの定番の(?)戦術というか仕掛けじゃないか、、、という考察であったり。
先日のJリーグ最終盤の川崎フロンターレVS
ガンバ大阪の試合後の宇佐美のコメント(チームとしての明白な差が云々…)であったり、ガンバ大阪は来シーズンに片野坂監督を迎えることが決まっているが、その戦術・フットボールとの絡みというか、その観点からの分析であったり、いろいろ頭が回るわけだ。
ま、真実は如何に…であり、結果はどうなるか…ってところだな。
私的にはそんな感じ、そんな程度ってところかな。
社会状況的に新しい外国人選手の獲得が難しく(獲得しても合流できない…)Jリーグ各クラブとも、日本国内での移籍動向が活発に見える子のオフシーズン…といったところ。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ