冨安はククレジャに苦戦(?)…アーセナル、アウェイのブライトン戦で辛くもドロー。

冨安がプレーするようになって3連勝と挽回してきたアーセナルは、ブライトンとアウェイで対戦。
ブライトンと言えば、三笘を完全移籍で獲得し、その三笘は今シーズン、ブライトンと同じオーナーのサン・ジロワーズにレンタルでプレーしているという次第。
予定では来シーズンは三笘がプレーする可能性があるブライトンとの対戦ということで、その点でも関心の高まったこの試合。


ブライトンは3-5-2のフォーメーション。日本だと中盤センターに2枚を置いて中央前目に1人、そして両ウイングバックという置き方が一般的だろうが、ブライトンは左右ともウイングバック(アウトサイド)にインサイドハーフ、そしてアンカーというようなシステム。
で、アーセナルがボールを持って前へ向くと、右ウイングバックが最終ラインまで下がって4-4-2の形を取る。
ブライトンの左アウトサイドはククレジャ。昨シーズン、久保建英とともにヘタフェで戦い、オリンピックのスペインチームとしても日本と戦った選手。
実はククレジャがブライトンに完全移籍していたとは知らんかった、、、しかも5年契約の模様。(ちなみに三笘は4年契約だったと思う。)
雨と強風の下での試合で、アーセナルはブライトンに苦戦。ブライトンは今シーズンここまで最上位グループに食い込んでおり、それを証明するかのようなパフォーマンス。
冨安もククレジャへの対応に序盤から苦労している印象だったが、さらにインサイドハーフまでも関わってこられて、さながら1対2への対応を強いられる形に。
前半途中でビルドアップしようとしたところおククレジャに奪われて危ないシーンになってしまったり、ヒヤッとするシーンが2度ほどあったか。
それでもブライトンの決定力の無さに救われて、スコアレスで前半終了。
後半に入ると、アーセナルもワイドに張るブライトンの攻撃への対応ができるようになり、冨安も盛り返したかな、、、ビルドアップや攻撃参加も見られるようになった。
ただ基本的にアーセナルは2列めサイドの選手(冨安のサイドだと、この試合ではサカ、あるいはペペ)が守備に協力しないので、ブライトンのようなシステムの相手にはシンプルにミスマッチなんじゃないか。
結局スコアレスドローでタイムアップとなったが、アーセナルはオーバメヤンが決めてくれれば勝てた試合だったかもしれないが、内容的にはドローでよしとする試合だったかもしれない。
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=4121
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=4128
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=4136
ところでDAZNで配信した、このブライトンVSアーセナルは下田アナウンサーの実況だったんだが、夕方のJリーグも下田アナウンサー実況の試合を視聴したが、その試合は昨年チャンピオン(リーグ優勝クラブ)とカップ戦(それも天皇杯ではなくルヴァンカップの優勝クラブ)との対戦だったんだが、まぁ盛り上げようとする意図故のことのはわかってるんだが、のっけで「チャンピオン同士の対戦」とブチ上げておられたのには意外というか違和感。
チャンピオンはリーグ優勝者、カップ戦の優勝者はウイナー(カップウイナー)であってチャンピオンじゃない。
下田恒幸氏は私の好きな&信頼する日本のフットボール実況アナウンサーのベスト〇に入るアナウンサーなんだが、下田氏が当然そんなこと百も承知なのはわかっている。そんな下田氏にも、こういうキャッチを口にさせる日本の風土・空気って恐るべし(苦笑)といったところかな。

▲ページのトップへ

CALENDAR

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

 2024年03月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  10. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  11. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  15. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  16. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  17. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)
  18. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  19. 三笘のアノ折り返しの技術にもっと言及できないところが日本…(2022.12.03)
  20. U-20アジアカップ開幕、フル代表のアジアカップは2024年1月開催。(2023.03.02)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ