鈴木優磨は2ゴールで17得点め、伊東純也は1アシストで今シーズン10ゴール・10アシストに。

ベルギーリーグの順延試合が日本時間昨夜行われ、シント・トロイデンの鈴木優磨は2ゴールを決めて(1ゴールめは相手が1人少なくなってから、2ゴールめは終盤、相手がもう1人少なくなった後でのダメ押しゴールだったが)勝利に貢献、これで今シーズン17得点、クラブも1部残留が決まったとのこと。
ゲンクの伊東純也もこれで今シーズン10ゴール・10アシストとなり、鈴木優磨にしても伊東純也にしても、ベルギーリーグだろ、、、って言う向きもあるが、ここからステップアップして行こうとしているわけだからね。


今やベルギーやオランダやスイスやオーストリアをステップアップとしてステージを上がっていこうという日本人選手のルートは、国際的にも認知されているんじゃないか。
確かに1990年代後半から2000年代初めの頃のように、いきなりメジャーなリーグの1部クラブに移籍するってことは少なくなった(無くなったかもしれない)が、当時はジャパンマネーを当てにしていた部分は明らかにあったわけで、その歴史を経て、今やアジアの端っこからヨーロッパ戦線でステージアップしていく一つの道筋が確立されたと前向きにとらえませんかね。
ベルギーリーグについては、確かに戦術やシステムに関しては遅れており、日本のJリーグの方がその部分は洗練されているというか、現代的というか、コンテンポラリーだろう。
ベルギーリーグは個のパワーでゴリゴリ…っていう要素が高い。フィジカルコンタクトもインテンシティも高い。
で、その中で日本人選手が技術や技巧を発揮する離陸期間と考えればよいと思うし、その中でこうして数字を明確に残すというのはタイヘンなことだと思いませんかね。
なんかさ、自分自身でチャレンジして成果を上げて行く(上げて行っている)タイプの御方なら、ベルギーリーグだろ、、、なんて言わないと思うけどね。

▲ページのトップへ

CALENDAR

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

 2024年05月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  5. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  6. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  13. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ