吉田麻也、サンプドリアと契約延長。

先週末はホームでウディネーゼと対戦したサンプドリア。吉田麻也はこのところ右サイドバックでのプレーあったが(サイドバックは違うスポーツじゃん…とか呟いていたようだが、イングランドでもやっておられますがな、、、と思ったんだが、イングランドとイタリアではサイドバックのプレー内容にも違いがあるんだろう)この試合ではセンターバック右でプレー。


序盤、相手アタッカーのフィジカルとスピードに抜け出されたりしてオイオイ、、、というシーンもあったり、サイドからの低く速いクロスに中央で競り負けた感のシーンも2度ほどあったが、味方へコーチングする姿も度々見られ、全体的に安定したプレー。
スコアレスから後半の立ち上がり、サンプドリアはバイタルを空けてしまい、そこに入り込まれてピンチ、、、吉田麻也はラインをブレイクしてブロックに行ったがシュートを打たれ、ゴールキーパーが弾いたものの、そのボールが吉田麻也がマークしていた選手の所に転がり、そこからプッシュされて先制を許す。
だが、この先制点からウディネーゼの機動性が落ち着き、サンプドリアの攻勢からPKを獲得して同点に追いつく。
さらに左クロスを、フィジカルの強いマーカーと空中戦を競り合いながら、実に巧みな肘の使い方で競り合う相手をブロックしながらヘッドを叩き込んで逆転。
その後はバイタルもしっかり締めてウディネードの反撃を封じて2-1でタイムアップ。
週が明けて、サンプドリアから今シーズン末までの契約の1年延長が発表された模様。
ウディネーゼ戦でも慎重に狙いを定めたフィードボールを随所に繰り出し、ラニエリ監督は多分そういう部分も求めてるんじゃないだろうか。
ま、長年センターバックの弱さが指摘されてきた日本の選手層だが、最近もエントリーしたとおり冨安といい板倉といい、そして吉田麻也と、例えば5年前、10年前にヨーロッパの主要リーグで最終ラインで存在感を見せる選手が何人も出てくる…なぁんて予言しても誰も信じなかっただろうな、、、っていう状況。
それも正味の実力だけで勝ち取っている点が素晴らしい。

▲ページのトップへ

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        

 2024年04月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  5. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  6. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  7. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  8. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  9. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  10. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  11. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  12. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  13. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  14. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  15. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  16. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  17. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  18. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ