直接フリーキックのゴールと言えば、高木兄弟のも凄かった。

昨日は三浦カズの直接フリーキックのゴールの話をエントリーしたが、同じ日の東京ヴェルディの高木俊幸と高木善朗の高木兄弟がギラヴァンツ北九州戦でともに決めた直接フリーキックも凄かった。

まずは次男の高木善朗が、速くて大きく曲がるフリーキックを決める。何試合か前の横浜FC戦でも決めているが、あれは縦回転で落ちるボールだった。続いて長男の高木俊幸が、30メートルくらいのフリーキックを豪快に決める。速くて大きな放物線の弾道が急激に沈み落ちた。無回転かどうかはわからん。高木俊幸は5月くらいのジェフ千葉戦でも、柔らかいキックで速く曲がり落ちるフリーキックを決めたのを見た。高木俊幸は柔らかい(柔らかいだけでなくスピードあるボールを蹴ることができるようだ)感じで、次男の高木善朗は兄よりも剛の感じ(そしてコレクティブな感じ)だろうか。もう1人、三男の高木大輔もいるし、今はジュニアユースかな。
何にしろ、ヴェルディは19歳と17歳の高木兄弟が急に随分伸びてきた感じだ。あと、左サイドバックの和田拓也も目についた。

話は変わるが、先日のボクシングの内山高志のタイトルマッチ、相変わらず威力のあるパンチだった。内山高志については、サルガドからタイトルを奪取した試合での最終ラウンドのパンチが凄かった。ちょっとガードがどうなのかな、と思ったりするけど、あれだけ威力のあるパンチがタイミングよく叩き込めているうちはまぁ大丈夫なのかな。
内山高志にしても、今は王座から陥落しているけれども完成度の高いボクシングを見せていた長谷川穂積にしても、こういうボクサーは大衆人気がつかないんだよな。人気者扱いされなくてよいが、もうちょっと正当な(大衆からも)評価と扱いを受けるようにならないと。

▲ページのトップへ

CALENDAR

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

 2024年05月 

Total Ranking

  1. 2024-25シーズンからのACL新フォーマット。(2023.08.15)
  2. メッシVSグヴァルディオルのシーンでのメッシのプレーに感嘆の至り…(2022.12.14)
  3. 三笘、FAカップのリヴァプール戦で表現の仕様のないスーパーゴール。(2023.01.30)
  4. イギリス労働許可証の格付けが(1グレードだが)昇格。(2023.06.19)
  5. まるでサッカー人気が下火とか低迷しているように受け取られる言動は気をつけたいものだ。(2022.12.08)
  6. はぁあ???「FIFAインターコンチネンタルカップ」ってなんだよ…(2023.12.19)
  7. 2024-25シーズンと2025-26シーズンのACL「ファイナルステージ」はサウジアラビアでのセントラル開催なのか???(2023.12.05)
  8. 天皇杯ウイナーのACL出場権は来シーズンから変更に。(2023.12.21)
  9. やり返しておいたからな…的なカイセドと三笘の(控え目な)ハイタッチ。(2023.05.17)
  10. Jリーグ選手契約「ABC契約」見直し?? それはとても良い事。早く実現して欲しい。(2023.06.29)
  11. 【涙腺崩壊】Jリーグはこの動画をバズらせることができるか?(2022.12.24)
  12. 恐るべしクロアチア。延長前半終了間際に失点するも追いつき、PK戦を制してセミファイナルへ。(2022.12.10)
  13. Jリーグ「秋春制」移行が決定したが、あまりにヌル過ぎる論拠・ビジョン…(2023.12.20)
  14. 渋谷駅にWEリーグの広告。(2023.07.18)
  15. 女子ワールドカップ開幕。「FIFA+」で日本語実況で視聴OK…(2023.07.21)
  16. ヴァンフォーレ甲府、記念すべきACL初試合、価値あるアウェイでの勝点。(2023.09.21)
  17. 「ワールドカップでまざまざと見えた身体意識の差」(転載)(2022.12.06)
  18. 女子ワールドカップ放映権問題、ヨーロッパは合意らしい…(2023.06.25)
  19. 延長戦、PK戦、予想していたんだが…日本、勝ち上がれず。(2022.12.06)
  20. 「圧巻」の表現では足らない…「衝撃」の三笘の5人突破ゴール。(2023.08.20)

Recent Special Categories

Back Number

▲ページのトップへ